トップページ リンク集 サイトマップ
アクセス 無料メール相談 メルマガ登録
上本町ヒルズ歯科クリニック
上本町ヒルズ歯科について
アクセス&診療時間
上本町ヒルズ歯科への思い
診療方針
クリニックの5つのこだわり
7つの診療スタイル
尊敬するチームメンバー紹介
愛するチームメンバー募集
アワクレド(私たちの文化)
Q&A
診療のご案内
スマイルクラブ(歯ならび矯正)
インプラント
ホワイトニング
プライスリスト
上本町口腔ケアセンター
他科との連携
イベント・予防クラブ
上本町予防サロン ウエルカムクラブ
子どもの歯を守る カムカムクラブ
マイナス1歳からのハイハイクラブ
親子でむし歯予防 マザースクール
メッセージ集
上本町ヒルズ歯科を支えてくれる多くの人達の声
あなた様へのメッセージfromDr.ナガイ

マタニティ歯科研究会
  
マタニティ歯科研究会
商標登録
第5198133号

 
 
 
  
デンタルダイヤモンド社の
歯科衛生士雑誌、
DHStyleに
連載しています。




今回のテーマは、
産後の健康学習②
です。

ご興味のある方はコチラ
  
デンタルダイヤモンド社の
歯科衛生士雑誌、
DHStyleの特集に
掲載されました。




マタニティ歯科が、
全国に広まるきっかけに
なれば、幸いです。

ご興味のある方はコチラ
  
ベネッセコーポレーション社の
ひよこクラブ」
2009年4月号に
掲載されました。



赤ちゃんのお口の
健康についてママの疑問に
答えています。


メッセージ集
あなた様へのメッセージ from Dr.ナガイ

上本町ヒルズ歯科はデンターネットに参加しています。
「上本町ヒルズ歯科クリニック素敵だな~、行ってみたいな」
思って頂いている方は、ココからデンターネットに行って、
「上本町ヒルズ歯科クリニック」
「HP」というボタンをクリックして下さい。
投稿も募集中です。
Dr.ナガイのコラム バックナンバー一覧
Dr.ナガイのコラム
['17/11/30]クリスマスフェスタ
12月16日(土)10:30~15:30
天王寺区民センター
にて、子育てプラザ主催の
クリスマスフェスタが開催されます。



コーラス・フラダンス・合唱・ストリートダンス・ちゃんばら
プログラムは盛り沢山。

毎年、地球戦隊ゼロス
大人気の目玉プログラムだそうです。

もちろん、サンタクロースからのプレゼントもあります。
入場無料で、こんなかわいい工作もできますよ。



是非、ご参加ください。
['17/11/28]うえしおキンダースクールへ
今年も、毎年恒例となった、うえしおキンダースクールへ
歯育て教室に行ってきました。





毎年、歯科健診と合わせて、7月に行っていました。
今年は、園で常勤勤務されている看護師さんが
夏に、むし歯予防の教室をして下さっており
時間差での開催となりました。

子どもたちも、教室を開いた後しばらくは、
ハミガキを頑張ってくれるそうです。

効果が持続するように…との先生方の想いから
2回に分けての開催になりました。

今年は、劇もクイズも
「仕上げ磨き」にスポットを当ててみました。



それから、これも恒例となった、あいうべ体操
今年は片足を上げて、バランスをとりながら行いました。

ご飯を食べる時だけでなく、劇を観たり、
クイズをする時、お話を聞く時、色んな時に
良い姿勢で足を地につける姿勢、足底接地
そして鼻呼吸を薦めていきたいです。

保育園でも、きっちり座ることは、日頃から伝えて下さっているので
一緒に伝えていきます。

劇とクイズの復習を最後に行うと、
皆よく覚えてくれているということよく分かりました。



40分くらいの短い時間ですが、子どもたちの心に残る経験になるよう
今後も続けていきます。

['17/11/25]はっとしてGood
私たちの医院では、週に1度、全体MTGを行っています。
MTGには、いくつかの役割とプログラムがあります。
その中の1つが、この、はっとしてGoodです。

もともとはCHP大賞といって、私たちが、その日の仕事の中で
気づきを得たことを発表していました。

今は、はっとしてGoodと題して、逆に
私たちが与えた気づきを発表しています。

与えられる人から、与える人への成長と
捉えることができるかもしれません。

先日、朝礼でのクレドの発表で、
1年目の菅谷DHがMTGのはっとしてGoodが
好きだと話しておられました。

どんな対応や、アプローチで患者さんや他の人に
喜んで頂けるか
の学びになるとのことでした。

私たちの医院のスタッフのキャリアは、
1年目~20年以上と様々です。

色々なメンバーにとって、
常に学び・成長のある医院でありたいと思っています。

MTGや、ヒヤリハットは、記録が残っているので
いつでも振り返ることができます。

先輩たちの経験を学びとして繋いでいきます。
['17/11/24]アロマでインフルエンザ予防
アロマテラピーアドバイザーの資格を今年取得された
DH森口さんのおかげで、アロマの楽しさを再発見しています。

そこで、院内だけでなく
私がよく使うカウンセリングルームにも
アロマを設置しました。



インフルエンザの予防接種は
受けているものの、予防を徹底したいため、
森口さんにアドバイスをいただいて、
ティートリーを主に使っています。

調べてみると、心へは
肯定的に物事を捉える手助けをしてくれたり、
自信を持たせ、活性化をしてくれるそうです。
何か、壁を乗り越えないといけない時に
力を与えてくれます。

また、アトピー体質の私には、
皮膚炎にも効果があるようで、良い事づくめです。
この冬は、アロマで癒されながら、
心身共に健康で過ごしたいと思います。
['17/11/24]アロマでインフルエンザ予防
アロマテラピーアドバイザーの資格を今年取得された
DH森口さんのおかげで、アロマの楽しさを再発見しています。

そこで、院内だけでなく
私がよく使うカウンセリングルームにも
アロマを設置しました。



インフルエンザの予防接種は
受けているものの、予防を徹底したいため、
森口さんにアドバイスをいただいて、
ティートリーを主に使っています。

調べてみると、心へは
肯定的に物事を捉える手助けをしてくれたり、
自信を持たせ、活性化をしてくれるそうです。
何か、壁を乗り越えないといけない時に
力を与えてくれます。

また、アトピー体質の私には、
皮膚炎にも効果があるようで、良い事づくめです。
この冬は、アロマで癒されながら、
心身共に健康で過ごしたいと思います。
['17/11/21]たこやきパーティー&誕生日
ヒルズ一楽しい事が大好きな緋田さんに、
「何か楽しい事をしたい」と提案していたら
お昼休みに、たこやきパーティーを開いて下さいました。

皆で器具や具材を持ち寄って、実習生も一緒に
楽しい時間を過ごせました。

写真からも楽しい様子は一目瞭然です。





そして、11/23が私の誕生日なので、
お祝いもして頂きました。

毎年、趣向を凝らして祝って頂いていますが
今年もBigサプライズでした。

先週取ったばかりの集合写真がケーキに!?なった
写真ケーキで、お祝いして頂きました。



また、皆からの沢山のお祝いメッセージ
プレゼントも頂きました。

いつも、メッセージだけで良いよと言うのですが
初めての写真ケーキ、とても嬉しく、美味しく頂きました。



又、夜はヒルズの大切なパートナーDrである
平山Drが、お祝いに駆けつけて下さいました。



退職されてからも、本当にお忙しい中
毎年プレゼントと共にお祝い
に駆けつけて下さり、
ありえないことだと感じています。
さすが、皆の大好きな平山Drです。

その日、たまたま、インプラントのオペで来て下さっている大林Dr、
サポートに来て下さっている森山Drと集合できたので、
新しいショットも撮れました。



この楽しい写真からも、皆のチームワークの
良さ
が伝わると思います。

素敵な仲間に囲まれて、これからも
仕事を楽しんでいきたいと思います。
['17/11/19]池田市口腔機能発達サポーター養成講座 最終回
今年の春から受けている3回コースの
池田市口腔機能発達サポーター養成講座の最終回を
管理栄養士の密山さん、平松主任、保育士の緋田さんと一緒に
4人で受けてきました。

今回も講師の先生は、池田市こいし歯科さんの小石剛先生
管理栄養士・健康咀嚼指導士の田中美智子先生
地域歯科保険分野認定歯科衛生士 赤井綾美先生でした。

3回継続して受講していると、講師の先生方とも顔なじみになり
アットホームな雰囲気でワークも行えました。

また、フードモデルや、離乳食を与える時に使用する道具も
拝見することができ、とても興味深かったです。





参加者約50名のうち、歯科医師は3名のみで
管理栄養士・保育士・保健師・歯科衛生士・看護師・行政の方
まさに多職種連携で、子どもたちのお口の機能の発育を
サポートしようという趣旨と合致していました。

私自身が、昔は歯並びが悪く、
口呼吸・異常な癖・嚥下・姿勢の悪さで苦労しているため
5歳頃までの上顎の成長ピーク時までに
介入できたらと思っています。

今後、バルナバ病院小児科での歯育て教室
院内で、少しずつですが、実行していきます。

3回コースを修了した4名は、修了証を授与しました。
ご質問があれば、お気軽にお声がけ下さいね。



['17/11/16]クリスマスシーズン到来
1年で1番ロマンチックなシーズンがやってきました。
ヒルズも、クリスマス仕様に模様替え。
本日、ツリーに点灯しました!



みんながわくわくプロジェクトの森廣さん・中本さん・西辻さん
院内を飾り付けて下さいました。







クリスマスツリーを飾るだけで、ワクワクします。

小さいころ、長靴型のブーツにおかしをいっぱいにもらったこと、
フィンランドの研修でサンタさんに会ったこと、
サンタさんから手紙のお返事をもらったこと、
色々な思い出がよみがえります。

クリスマスまでの1ヶ月強、子どもたちと
クリスマスを一緒に
楽しみに待ちたいと思います。
 
['17/11/3]セミナー 東西の歯科医による未来への言葉
密山さんと一緒に、以前から楽しみにしていた
東西の歯科医(東の益子先生、西の西川先生)の
コラボセミナーに参加しました。

2人の先生のセミナーが一度に聴ける貴重な機会で
また、この数ヶ月足育を実践し、学んでいるため
とても楽しみにしていました。

イベントの詳細は、以下の通りです。

今、新生児期から高齢期まで口腔機能の
獲得・維持・向上を図るために
歯科医療による介入が多職種間で求められています。

機能低下が将来の健康そのものに
影響を及ぼすと考えられていることから、
特に新生児期・乳幼児期から
口腔機能の獲得を行っていくことが重要視されています。

 これまでのような月齢での発達指導や離乳食指導ではなく、
歯科が早期介入ならびに他職種と連携していくことにより、
多くの場所で一人一人のお子様の発達に沿った指導が
より可能となり、それが機能獲得へと繋がると考えます。

 口腔機能は生後、身体の発達とともに獲得されていくことから、   
今回、赤ちゃん歯科ならびに口腔機能が関わる
身体機能の発達やその関連を中心にご講演をお願い致しました。

赤ちゃん歯科を始めたい歯科医院や歯科衛生士、
乳幼児に携わる職種の方のご参加を期待し
各地域に広がっていくことを願います。     

株式会社人財開発総合研究所  取締役 山本義宗

密山さんは、ヒルズ一!?勉強好きで、
今月はセミナーが集中しており、
なんと4回外部セミナーを受講します。

西川先生から、足育のお話、
益子先生から赤ちゃん歯科
にまつわる
身体の発達を詳しく伺うことができました。

私も月1回、聖バルナバ病院での歯育て教室や、
0才から受診して下さる赤ちゃんや、
保育サービスを受けられる赤ちゃんと、
赤ちゃんに会う機会が多くあります。

学びを深めて、0才からのアドバイスをより深めていきます。

私も、今月は3回セミナーを受講します。
すべて分野は異なるので、学びの場
満喫したいと思います。
['17/11/2]千本さんの手作りケーキ
手作りケーキ、といっても食べられるケーキではありません。

フェルトの手芸で作られた、カップケーキです。



いちごののったショートケーキ
チョコレートのトッピングのあるチョコバナナ味
白玉ののった和風テイストの3種類でしょうか?

カラフルで、飾りが沢山ついた、
見ているだけでワクワクするケーキです。

女の子なら、一度はケーキ屋さんになりたいと
夢見た気持ちを思い出させてくれます。

子どもでなくても、大人もテンションが上がります。

フェルトを型紙通り切ったり、準備するのが千本さん、
縫うのがお母様という、親子の連携共同作品です。

千本さん親子は、今までにも今までにも
美味しそうなお弁当をフェルトで作って下さっていて、
それが古くなったために、新しくケーキを作って下さいました。

業務の枠を超えて、作って下さった気持ちがとても嬉しいです。

本当に仕事を楽しまれているのだと思いました。
私も10年以上前に、勤務医だった頃、
エプロンシアターや、カムカムカレンダーのポスターを
手作りフェルトで、母に手伝ってもらって
作ったことを思い出しました。

勿論そのエプロンシアターは、今も現役で活躍中です。
是非、キッズルームに加わった、愛情いっぱいの
カップケーキを楽しんでください。
['17/10/27]感動ストーリー
先日、来春からチームメンバーに加わる
保育士兼スマイルクリエーターの寺井さんを
面接させて頂きました。
新卒採用の短大2年生なので、
まだ19歳フレッシュなメンバーです。
面接時に「何かご質問はありますか?」と尋ねたところ、
「仕事をしていて、やりがいは色々あると思いますが、
一番感動したことは何ですか?」

と質問を受けました。

初めての、とても良い質問に驚かされたと同時に
来春から一緒に仕事が出来ることを、幸せに思いました。
12月から、アルバイトにも来られるのが
今から楽しみです。

一緒に面接をしていた緋田さんと
とっさにその場で考えて回答しました。

一度是非ゆっくりと、今までで一番感動したことを考えたり
皆の感動ストーリー
を聞いてみたいなと思いました。
そこで、MTGの時間を使って、皆の感動ストーリーを
発表してもらいました。
今回は半分のメンバーだけのシェアでした。
次回のMTGで残りのメンバーのストーリーを聴くのが楽しみです。
感動のお話は、どの話も聞くだけで心の栄養になりました。

以下、メンバーの感動ストーリーを
皆さんにもシェアしたいと思います。

 ・緋田さんの感動ストーリー
中本DHの予防担当の方が、
末期がんになっていらしゃいました。        
その方が「ヒルズに来るのが生きがい」
言って下さったことがありました。
その言葉を聞いて、とても感動しました。
誰かの生きがいに携わることができている、というのは  
とても素晴らしい
と感じました。

・森勝Drの感動ストーリー
患者様が、長く通って下さっていて、
治療が全て終わった時に、涙を流されました。
その姿を見て、とても感動しました。
最後まで治療に通い切るには、
患者様ご自身のお力も、必ず必要
なってくるので
一緒にやりきることができて、とてもよかったです。
それから、もう1つ、感動ストーリを。
姉と弟がいて、3人とも同じ高校・大学で、
なんと職業(歯科医師)も、同じ
です。
そして、更になんと、3人とも同じ歯科医院に
入社
しました。一番下の弟が入社した時は
とても嬉しくて、感動
しました。

・浦川さんの感動ストーリー
以前、私は日赤で入院していたことがありました。
日赤には「お掃除をしているおばちゃん」が
いて、その中の1人の方が、入院時にいつも
明るく、元気に接して下さっていました。
「あなたは笑顔がとっても素敵だから、絶対大丈夫」
と、言葉をかけて下さり、いつも勇気をもらっていました。
ヒルズに入社して、なんと、その方が、
患者様として、ヒルズに通っていらっしゃって、
思いがけない形で、再会することができて、
とても感動しました。まだ、お声はかけれていないので
次にお見えになった時は、
お話をさせて頂こう
と思っています。

・平松さんの感動ストーリー
入社した時に、「もし、歯がなくなったら
自分なら何を入れるか?」と、先輩と
お話をする機会がありました。
入社当時、私は「入れ歯は嫌だ!」と
思っていたのですが、入れ歯を
作られた患者様の口元が、
入れ歯を使用することで、
ふっくらとして綺麗になり、
とても喜ばれている姿を目にする機会がありました。
それを見て、「入れ歯ってすごい」と感動しました。
歯がなくなった時、その時の、その人にとっての
ベストな選択はそれぞれなので、
その人に合ったものを、オススメできるように、
この経験もふまえて、お伝えしていくようにします。

・森廣さんの感動ストーリー
カムカムに通ってくれているお子さんは、
大人の方の定期健診とは違って、
基本的には担当制ではありません。
しかし、中には、担当を希望される方も
いらっしゃいます。あるカムカムの患者様で、
すごく泣く子がいたのですが、その方が
カムカムの担当として、私を指名してくれたことがあり、   
その時は、とても嬉しかったです。
自分が不在の日があれば、
その方はカムカムの日を変えて下ったりして、
本当に信頼していただけているんだなと   
とても、感動しました。その方がお見えになる度に、
いつも嬉しいな、と強く感じます。

・中田さんの感動ストーリー
自分が入社してから、初めての七夕フェスタでの
出来事です。短冊にお願い事を、患者様だけでなく
メンバーも全員書いているのですが、笈田先輩
「中ピーが、P検デビュー無事にできますように」
書いて下さっていて、その短冊を見た時、
とても感動しました。
当時、先輩と話す機会はまだ少なかったのですが、
そんなことを想っていて下さったんだなと
とても嬉しくなりました。

・森口さんの感動ストーリー
初めてヒルズに来て下さった患者様が、
歯ぐきの検査をさせて頂いた時に
「森口さん、上手!」と言って下さりました。
その言葉が、とっても嬉しかったです。
また、その後も、定期健診で
「森口さんに診てもらえてよかった!」
言って下さり、衛生士冥利に尽きるなと思いました。
患者様からの、嬉しいお言葉を頂ける瞬間は、
とても感動して、嬉しい気持ちでいっぱいになります。
これからも、こういった瞬間と出会えるように
もっともっと、頑張ろうと思います。

・菅谷さんの感動ストーリー
カムカムの時に、お子さんとコミュニケーションを
とるのが難しいなと感じていた時がありました。
しかし、カムカムが終わった後、千本さん
「『あの子、今日のカムカム楽しかった』って
言ってたよ」
教えて下さりました。
その時、きっとあの子は、
私と同じように緊張していたのかな、と
思うと同時に、楽しいと感じてもらえてよかった
安心することができました。

['17/10/24]タバコを吸っているあなたへ
今年の医院テーマの1つである、「禁煙支援」
ほぼ全員のメンバーで禁煙支援士のセミナーを受け、
DHメンバーは資格をとり、バッチをつけて、
勉強会で発表して…と、着々と具現化してきました。

ポスターやリーフレットの用意も整いました。


(↑画像をクリックすると拡大します)


(↑画像をクリックすると拡大します)

今までは、電子タバコの害だけ発信していました。
今回は、禁煙支援士のセミナーで学んだ
受動喫煙や、副流煙、3rdスモークの怖さ、
禁煙外来での具体的な禁煙方法
発信しています。

是非タバコを吸っている身近な方や、
「これからタバコを吸ってみたい」と興味を持ている方にも
タバコの影響を、知って頂きたいと思います。
['17/10/21]アロマセラピー
森口DHが、今年アロマ検定1級を取得され
院内でも、アロマに取り組んで下さっています。

アロマの勉強を始めたきっかけは、
ヒルズにおいているアロマディヒューザーだったそうで、
私の知らない間に、アロマのスクールに通われていました。

検定を取得されて、自発的にさらにアロマに取り組まれています。
院内のアロマオイルを、定期的に変えて下さったり、今は
スタッフの皆の好きなアロマを調査中です。

好きなアロマは、1級検定試験に使われる
サンプル
の香りを嗅いで、決めています。



1級の検定試験に使われる、このサンプルは、
20種類近くあり、テストでは、アロマの効能などは勿論ですが、
利き酒ならぬ、利きアロマもあるそうです。

本格的な試験に驚きました。

アロマが香っていると、本当に心地が良く、
アロマセラピーといわれるように、
治療に値するものだと実感しています。

アロマと歯科の融合を森口DHは模索中です。

私も精いっぱい応援したいと思います。
['17/9/28]バルナバフェスティバル
週1回前期マザースクール、
月1回歯育て教室
で訪れている、聖バルナバ病院に、
今月は6回目の訪問でした。

年に1度のお祭り、バルナバフェスティバルです。

 

小さいお子様も、楽しみながら参加できるjコーナーが沢山あります。
また、秋を感じるコーナーもありました。



 



色んなコーナーがある中で、相談コーナーに、
今年から歯科相談のブースを、設けて下さいました。

今までは参加者として、楽しませて頂いていましたが
今年に主催者のブースで、
最初から最後まで3時間、ゆっくりと楽しませて頂きました。

参加されている方は、当院の患者様(主にカムカムクラブのお子様)や
母親教室・歯育て教室でお目にかかった方が多く、
歯科相談も、やりやすかったです。

歯並び、ホームケア、外傷など
お子様の歯の相談が多かったです。

また、一般の参加者だけでなく、
職員の方の相談にも応えられて良かったです。

こちらも、昨日の「きらきら」に引き続き、
来年も参加することになりました。

院外での活動の幅が、どんどん広がり、
嬉しく思ってます。
['17/9/27]きらきらにて歯育て教室
今年も、うえしおキンダースクールの2Fにある
子育て支援センター「きらきら」にて、
歯育て教室を行いました。

私は、年100回10年以上、
マタニティ歯科講演
をボランティアで続けています。

また、妊婦さん向け以外では、
小さなお子様の歯育てについての講演も
小児科や、子育てサークルにて
10年以上ボランティアで続けています。

「きらきら」は、親子で気軽に集い、
ゆっくり、安心して遊ぶことができる場所です。

子育ての情報提供も、されています。
月~金 9:00~14:00なら
いつ来ても、いつ帰ってもOK!
雨の日でも、暑い日寒い日でも
集まれるお部屋があります。

気軽に話せる、子育て支援のアドバイザーもおられます。
そして、参加費無料。
自由に遊んだり、おしゃべりしたり、
親子遊び、園庭開放などもあります。

今年も、歯育て教室は
キャンセル待ちが出るほどの人気でした。

嫌がる歯磨きのコツを聞きに
来られた方が多かったのですが、
お口育て(前歯でしっかり噛み切る事、食事の姿勢)についても
関心が高かったです。

また、キシリトールの具体的な使い方についても
質問がありました。

時間があっという間に終了しました。

診療室では、お話だけで1時間とれることはないので、
お互いに、とても学びのある時間になりました。

好評につき、来年は年2回の開催になるかもしれません。

沢山の方に、お目にかかれることを
楽しみにしてます。
['17/9/11]メイズキッチン
先日、新人メンバーの菅谷さん、妊婦である中田さん、
健プロであり、管理栄養士でもある密山さん
と、
4人で、聖バルナバ病院にある、メイズキッチンに行ってきました。



4人とも、それぞれが違うメニューでした。
6品もあるので、とても満足感があります。

中田さんが好きな、エビを使ったメニューや
密山さんが好きな、かぼちゃをつかったメニューなどがあり
どれも、とても美味しいものばかりでした。

野菜や豆、根菜など食材も
バリエーションが豊富です。
そして、よくかめるお料理が多いのも印象的でした。



また、メンバーと同じ空間で、
一緒にご飯をたべることで
同じ時間を共有することができたのも、
嬉しかったです。

一般の方でも利用ができる場所なので
是非、みなさんも行ってみて下さいね。
['17/9/6]バルナバフェスティバル
毎年、チームメンバー皆で、楽しませて頂いている
バルナバフェスティバル第3回の今年は、
私も歯科相談で、参加させて頂きます。

毎年、本格的な音楽会や、
メイズキッチンのお土産も楽しみです。

歯科相談は、予約不要です。
是非、この機会に、バルナバフェスティバルにいらしてください。

日時:9月28日(木)

受付:13:30~
開催時間:14じ~17じ

入場無料


(画像をクリックすると拡大します。)
['17/9/5]10周年set
先日の10周年パーティーに合わせて作製した、
10周年グッズが入った、10周年setを限定で販売しています。



大人用・子ども用があり、子ども用は定番で人気の
お家でカムカムトレーニングセット
10周年グッズがついています。

大人用には8月~新発売となった、
check up standardの1450ppmF
歯磨剤の入った、むし歯予防セット
10周年グッズが入っています。

今まで日本のフッ化物濃度は、
1000ppmFまでと厚労省で定められていましたが、
今春より、世界基準の1500ppmまでに改定され、
ようやく、商品化されました。

一般には、1500ppmFのフッ化物配合の歯磨剤の販売は、
非常にまれです。商品化されていますが、
店頭で見たことは、まだありません。

是非、この機会に使ってみて下さい。
['17/8/30]かがやき歯科さんへ見学
今春、見学に来て下さった、南草津の
かがやき歯科さんへ見学に行ってきました。





患者様の半分が矯正の患者様で、
初めて来られる方の半数以上がお子様という、特色のある医院です。

1年前に移転されており、
とても清潔で綺麗で、キッズルームなどは
かわいく、センス良く飾られていました。

 



矯正だけでなく、チーム力も素晴らしく
私たち以上に、5年以上勤務メンバーが多く、
一体感のある医院でした。





お昼休みには、院長先生から
「不正咬合を予防する」「見た目のきれいさではなく、
子どもの健全な発育を後押しするための矯正」
のお話を拝聴し、
有意義な見学の時間となりました。

以下、一緒に見学させて頂いた、千本さん、密山さんの感想文です。
しっかり見学して下さって、有難いです。
実践につながるのが楽しみです。

 

かがやき歯科を見学して、1番良かったことは     
スタッフの方がとても楽しそうに、イキイキと働かれているのを     
感じられたことです。1人1人の方が、笑顔で診療されていたので、
医院全体の雰囲気も とても明るく、チーム力の高さが
本当に素晴らしい
と感じました。
ヒルズでも笑顔で診療することを、常に心掛けていますが
どうしても忙しくなっていると、必死になってしまっていると
改めて思ったので、忙しい時こそ、笑顔で活気のある医院だと
感じて頂けるように、診療をしていきたいです。
色々なことに取り組みをされていて、沢山真似をしたい所がありました。  
すぐにできる事もあるので、メンバーにシェアをして、
プロジェクトごとに実践していきます。

・お手洗いで、歯磨き粉をつかって頂けるようにする
・ストックの整理整頓(誰が見ても分かるように明記する)
・石膏のプレゼントをつくる(フェスタなどで活用)
・補綴コンサルの結果表(以前作成したが使わなくなってしまったので、
形を変えて分かりやすく再開して集計する)
・滅菌についての細かいところを、まとめて文字にする
・初診カウンセリングのスライドショーの写真を変える

・診療室の整理

他にも色々できる事から、行っていきたいです。
お昼休みに浅野先生から、矯正のお話もして頂きました。
矯正をするにあたり、「正常が何か?」ということを、知って頂く事や、
見た目がキレイになるのが全てでなくて、
「子どもの健全な発育の後押しをしてやる事」が大切だ
ということを
子供本人や保護者の方に知って頂く事が、一番重要であると
改めて実感しました。伝え方は難しいのですが、
歯並びが悪いということは、ちゃんと咬めていない状態で
上顎が小さく、成長が出来ていないケースであれば、
結果的に呼吸すら、しづらくなっているということでした。
そういったことを伝えることで、
見た目は気にしていないという保護者の方に
大切なお子さんの成長についても、考えて頂けると思いました。
見た目だけじゃないということを、
矯正の必要性があるお子さんに伝えていきたいです。
色々なお話が聴けて良かったです。有難うございました。


・かがやき歯科さんは、ヒルズのチェアーの数や
メンバーも数も同じくらいですが、
ヒルズとは人材配置が異なっていて、勉強になりました。
受付を2人体制でされていて、受付専任メンバーどちらかが
受付に入れない時は、サブとしてに変わりには入れるメンバーが
多くいて、すごいと感じました。また、診療において、院長が
どこに行くか指示をして、スムーズに時間管理をする
タイムキーパーという存在があり、とても興味深いと感じました。
・どのメンバーの方も、生き生きしていて、テキパキと動かれていて、
とてもしっかりされていた
のが印象的でした。
院長先生も、メンバーの方も、色々とセミナーに参加されていて、
又その機会を活かして、どんどんステップアップされている様子が
すごくて、 とても刺激を受けました。院内のバックヤードには、
マイナス言葉をプラス言葉に変える表があったり、
目標やそれを管理するツールが掲示されていたり、
院内図書館があったり、学ぶ環境がとても整っていました。
メンバーの方が前向きに、セミナーや学ぶことを
考えておられて、さすがだなと感じました。



・カウンセリングやTCについて、沢山お話を聞かせて頂きました。
カウンセリングシートの内容がとても細かく、是非参考にしようと
思いました。また、カウンセリングで使用するスライドの内容で、
レントゲンの放射線量のグラフがあったり、妊娠されている方でも安心
というようなメッセージが入っていたり、
Drだけでなく職種ごとのメンバー紹介もあって、
患者様に安心感を伝えられるスライドだと思いました。
それから、矯正に力を入れられていて、歯並びカウンセリングや、
カウンセリングシートも、親と子の声をそれぞれ記入する所があり、
なるほどな、と思いました。矯正はお子さんの協力が不可欠なので、
どちらも記録しておくは、確かに重要だなと思いました。
キッズルームがとても充実していると感じました。
また、託児申込書というのがあり、カルテをつくられているのが
すごいと感じました。申込書に、その子の状態・現状だけでなく、
好きな事や嫌いな事なども記入して頂くので、
色んな情報を得ることができて、良いなと思いました。
また、キッズルームの装飾が、とてもかわいかったです。
どれも手軽に入手することができるアイテムだとのことなので、
機会があれば何かの時に、活用したいなと思いました。
情報発信力がすごかったです。各チェアのモニターで、
常に歯科知識を発信
されています。
また、色々な媒体(ポスターや手に取れる説明)が
院内の至る所にありました。限られたスペースを有効活用して、
私たちももっと、情報発信力をUPさせていきたいと思います。
・お手洗いに、自由に使える歯磨き粉を置かれていたり、
アンパンマンやドラえもんなどのキャラクターの型を石膏でとって、
プレゼントされていたり、色んな工夫がありました。
ヒルズでも取り入れられることは、積極的に取り入れて、
Kr満足度UPにつなげていきたいと思います。
・かがやき歯科さんでは、5年間誰も退職していないそうです。
また、勤続年数が5年以上のメンバーが沢山いて、すごいと感じました。
チーム作りや、採用は今のヒルズの課題なので、
もっとパワーアップしていきたいなと思いました。
今回は貴重な機会をありがとうございました。

['17/8/25]パーティーのその後
日曜日に行った、10周年パーティーに参加して下さった
貝森さんよりお手紙と写真が届きました。



既にメールで、お礼のやり取りをしていただけに、驚きました。
昔も今も、貝森さんは人を喜ばせる天才です。
いや、昔以上にパワーUPされていました。
私宛の手紙ではありますが、嬉しかったので、シェアさせて頂きます。

 先日は10周年パーティーにお招きいただきまして
まことにありがとうございました。

院長とずっとお会いしたかったので
当日をとても楽しみにしていました。

久しぶりに合った院長は、パワフルなところと、
チャーミングなところが当時のままだったので、安心しました(笑)   

また、ブログ上でしかお目にかかれなかった
現役メンバーこの目で直接見て、
皆様と同じ時間を過ごせてうれしかったです。

チームメンバーの皆さんが自ら司会をして
工夫を凝らした企画を実行されていたり、
当初から変わらない入社式を、一緒に共有して
感じたことは、私たちが作ってきた文化がしっかりと
引き継がれている
ということです。

同時に、勤務していた当時を思い出し
胸にこみ上げるものがありました。

文章には書ききれない
上本町ヒルズ歯科クリニックへの
熱い想いが私にはあります。


理事長や院長への、言葉で表しきれない感謝の気持ちもあります。   
それほど、ヨリタ歯科クリニック、
上本町ヒルズ歯科クリニックで働いた6年間は
私にとって、かけがえのない宝物なのです。

10周年パーティーでの
関原さんとの会話で共通して出てきた言葉は
「ヒルズに戻りたくなる時がある」
「辛い時もあったけど、その何倍も
楽しくて充実した毎日やったよね」


…院長、やっぱりヒルズは最強です。

主任をしていた卒業生に、
退職して4年経った今でも、そんな風に
思わせて下さるのですから。

では、最後に私から一つお願いがあります。
それは、給料日のお手紙は
ずっと続けて下さい
、ということです。

というのも、10周年のパーティーに行く前に
給料日に毎月頂いていた
院長からのお手紙を読み返したのです。
そこには、院長からの、
愛で溢れた言葉が沢山ありました。

そして私自身、その言葉に毎月励まされ、
自信をつけてきた
ことを思い出しました。

チームメンバーが増えていく中、
多忙な院長が書くのは大変かと思いますが、
是非続けて下さい。

私のように、その手紙に励まされ
自身がついて輝くメンバーが必ずいるはず
です。

では、末筆になりましたが、チームメンバーと患者様の
倖せと笑顔が溢れる上本町ヒルズ歯科クリニックの
益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

2017年8月22日
宗友 阿里沙

ちなみに私の好きなアワクレドは、12番です!
ヒルズのHPにあるアワクレドを読むと
気持ちが締まり、自分に気合を入れることができます。

そこには、私に今必要なことが記されていました。
感謝の気持ちが伝わるだけでなく、
原点回帰させてくれるメッセージでした。

又、この日、パーティーの事前アンケート
初めて読ませて頂きました。

ゲストからの、ヒルズのここが好き。
・女性メンバーのみにも関わらず、院長を中心とした
チームヒルズの一体感、思いやり、感謝、
そして、厳しさを備えた永井院長の三位一体感
最強のチームワーク愛社精神の強さ、院長のリーダーシップ
・グループ内で一番清潔な所
・チームメンバー全員が、共に働くメンバーを大切にしている所
・患者様との会話が絶えず、活気がある所!
・人として成長し続けることができるシステムがあるところです
・チームワークが良い。メンバーみんなが
患者様の為を思って、働いていることろ。
・患者さんとのコミュニケーションを大切にしているところが好きです。
・皆が仲良いこと
仕事に対しての姿勢が素晴らしい
全員で助け合っているところ
・チームワークの良い所。ピンチな事があっても、
皆で乗り越える力
がある所

現メンバーからの、院長の好きなところは?
情熱的な所!
有言実行で、自分にも他人にも厳しい反面、プライベートでは
時々5歳児くらいの言動になり、上司だけれども親しみやすく
そのギャップが魅力的です。
・しょーもない話をする所。「仕事の鬼」な所。なんでも活かせる所。
誰でもフレンドリーに話しているところ。Krさんと仲良い人多い。
・こんな私にも気をつかって下さるところ
・患者様だけでなく、スタッフのプライベートなことまで
相談に乗って頂ける所。本当に尊敬します。
・誰よりも頑張っているのに、その人なりの頑張りを見て下さるところ。
沢山お話して下さるところ。
・Krを一番に思っている所。そして、スタッフが自慢と言ってくれる所。
チームメンバー想いな所。1人1人をちゃんと見てくれている所。
働き方が変わって、休みがちになってしまっても
嫌な顔せず受け入れてくれる所。
・トークが面白い。チームメンバーを想ってくれているところ。
・仕事中はもちろん、プライベートでご飯に行った時など、
とても楽しくお話して下さる。
・私は色んな院長先生を見てきましたが、永井院長ほど、
スタッフを思い、一人ひとりのことを深く考えて下さってる方は初めてです。
料理上手な所。キシリトールのおやつはいつも絶品で、癒されています。
・いつも前向きな所。チームメンバー、一人ひとりに合った言葉をかけて下さり、
感謝して下さっている所。
厳しい所もありますが、優しい所。ケータイを忘れた帰り、
私がいる駅まで届けて下さった時は驚きました。
・優しく、とても話しやすく、どんな相談でも、親身になって聞いて下さる所です。
技術面も勿論ですが、人間的にも、院長のような
素敵な歯科医師になれたらなと思います。
行動力やると決めたことは必ずやるところが、かっこいいと思います。
私の話を聞いてくれる所。

このような瞬間が仕事の大きなやりがいです。
ぶれずに人を大切にするチーム、医院作りを行っていきます。
['17/8/20]入社式&10周年パーティー
4月でおかげさまで、開院10周年を迎えることができました。
この日、4月に入社して、無事に研修を終了された新人さんの、
入社式を併せて、を行いました。



10年間コツコツ目指す医院作りをしてこれたのは、
一緒に医院を創ってくれたチームメンバーのおかげです。

そんな大切なチームメンバーと、退職されたOGのチームメンバー
いつも支えて頂いているパートナー医院の院長をお招きして、開催しました。












大切な方に、感謝を伝えるこの会は
今年の目標の1つでもありました。

年の初めから、チームメンバーが3つのチーム
(入社式・司会チーム、クイズチーム、振り返りチーム)

分かれ、準備を行ってきました。

OGのチームメンバーは、3年以上勤務された方を対象にしましたが
ほとんどのメンバーが勤務5年以上の銀バッチのメンバーでした。

久しぶりに会うOGメンバーもいて、とてもワクワクしていました。

又、いつもカルテや、ブログなどでしか知らないOGメンバーと
現メンバーの交流
も、とても楽しみでした。

会場は大阪マリオット都ホテル20F。
晴天に恵まれ、最高のロケーションでした。

当日のプログラム



ヒルズを愛する皆が集うだけで、至福の空間
一緒に仕事をしてたことのないメンバーでも、
共通の思いがあることで、一体感が生まれました。

入社式・司会チームの平松さん・中田さんの司会で始まり、
卒業生代表、6年勤務の元主任宗友阿里沙さんより、
ごあいさつを頂きました。

宗友さん(旧姓貝森さん)も、私も
「ヒルズのチームワークの良い所」を誇りに思っている、
又、それをメンバーが変わっても、
文化として継承していることが嬉しいという、
同じ思いの挨拶をさせて頂きました。

宗友さんは、今もヒルズのブログをチェックして、
ヒルズファンですと公言して下さっていました。
嬉しい限りです。

10年間を振り返る企画では、
中本さん・笈田さん・森廣さん・密山さん

資料を使って発表して下さいました。





オープニングメンバーや、OGメンバーの紹介、
歴代の入社式の思い出写真院内イベントの様子、そして
最近のヒルズなキーワードなど、盛り沢山に伝えて下さいました。
皆、自院の事を、よく分かっています。

そして、フィナーレは、
千本さん、緋田さん、森口さんによるクイズです。

テーブルごとのチーム対抗で、
ヒルズクイズが行われました。

これは、招待状と共に、事前に書いて頂いたアンケート
もとにして作られていました。

・ヒルズで働き始めて職業病になったと感じることは?
・Dr、DH、健プロ、スマクリ、保育士、全ての資格を持っていて
1日だけできるとしたら、どの職種につきますか?
・お気に入りのチェアーはどれ?
・好きなアワクレドは?

準備も素晴らしいです。
そして、景品はヒルズで販売している物販をsetにしたものでした。

・DH原田さんオススメset
・むし歯予防set
・女子力UPset
・10周年特別カムトレset

なんと、DH原田さんおすすめsetを
ご本人が頂くというハプニングもありました。

最後はいつものスタイルで記念写真をとって修了。


そして、こんなヒルズならではの記念品もお渡ししていました。

業者様にもパーティーの後プレゼントしていきます。

準備で忙しい中、私にもサプライズでこんな素敵なプレゼントを頂きました。





まだ、10年でこれからやりたいこと、
形にしたい夢が沢山あります。

皆の幸せと年輪経営が叶うよう、努力していきます。

有難うございました。
['17/8/18]禁煙支援士
6月に、皆で受講した、日本禁煙科学会より、
初級禁煙支援士に認定されました。
胸には、禁煙支援士のバッチが光っています。





禁煙支援士は、質の高い禁煙支援を実施し、
教育研究面でも、すぐれた学会員を認定することを目的に
認定されるものです。

歯科の立場ではありますが、歯周病と関わるタバコについても
ワンランク上の禁煙支援を提供したい、と考えての取得です。

この資格は、月に1度、衛生士の指導に来て下さっている
佐々木先生から教えて頂いたもので、
衛生士が自己投資して自ら取得したものです。

皆の、患者様の健康に寄与したいという本気の想いを感じました。

チームメンバーの制服には、様々なバッチが光っています。
是非注目してみて下さい。
['17/8/5]LASH
お世話になっている技工所さんの1つ、(有)ナチュラルデンタルに、
LASHの勉強会で見学に行かせて頂きました。

代表の田中さんの講演と、金属床作成の過程を見せて頂きました。



現在は、技工は外注しているため、久しぶりに見る技工は改めて、
繊細でオーダーメイドの芸術品であると感じました。

受付メンバーの勉強会だったので、初めて技工を見るメンバーが多く、
皆、その職人技に驚愕していました。

瞬時に作られていく技工の作業は魔法のようでした。

見ていると簡単そうなのですが、
実際は非常にトレーニングの要るテクニックです。

また、講演は私たちからの質問に答えて頂く形でした。

「今の世の中に無いものを創る」
「未熟な者にいつかは決してない」
「シュミレーション→ビルド→クラッシュ→ビルド」の繰り返し等
「創意工夫」という理念が、創業以来ブレておられないこと、
振り返れば、子どもの頃、マンガを読んで
気づかれた時から、変わっておられないと思いました。

田中さんのストイックな思いを
1時間以上も聴けて、同じ経営者として
エネルギーを頂く貴重な時間でした。
['17/7/14]宮川先生の発表
先日、口腔外科学会で発表された演目を
院内でも発表して頂きました。



タイトルは「入院後17病日目に発症した破傷風の1例」

破傷風は、今では、まれな病気で
私たちも遭遇したことはありませんが
貴重なお話を聞くことができました。

ヒルズ版として、破傷風で有名な
北里柴三郎のお話もして下さいました。

当時、不可能に近いと言われていた
破傷風の単純培養に成功されました。

それだけではなく、交通手段に馬車を使用していた時代に
研究を血清治療にまで到達させ、医学を大きく進めた人。

「救いたい命がある。治療法はまだない」

今、年間100症例となった背景には
先人の想いがあることを覚えておきたいです。

このような素晴らしい考えをお持ちの
口腔外科認定医でもおられる宮川先生が、
4月から常勤で勤務されています。
外科処置も安心して、ご来院下さい。
['17/7/2]第2回口腔機能発達サポーター研修会
チームメンバーと5人で、池田市歯科医師会主催の
口腔機能発達サポーター研修会の2回目を受けました。

次回の3回目まで連続して受講すると、
修了証が頂けます。

今回は、奈良県栄養士会が作成された
乳幼児食事相談の主訴別支援チャートの紹介を
楽しみにしていました。

奈良県は(私の出身地ですが)、県栄養士数が6名と、
全国でワースト2位市町村行政栄養士配置数
全国ワースト2位と、残念な状況であることを知りました。

しかし、そのための解決として、
支援別チャートを作成するに至られた、という経緯を知りました。

チャートは、悩み別にアドバイスが、
分かりやすくまとめられており、
現場で実践しやすい内容で、とてもありがたかったです。

研修では、異業種の方(保健師、管理栄養士、
公衆衛生の歯科衛生士、ベビーマッサージ師)と
共にワークを行い、様々な視点、アプローチも知ることができました。

歯科の立場から、支援チャートを基に
3S(足育・食育・息育)を交えて、
私たちもサポートしていきたいと思います。

次回3回目は、医院の発表もワークで行うようです。

最後まで、チームメンバーと一緒に学んでいきます。
['17/6/25]禁煙アドバイザー育成講習会
日本禁煙科学会主催の、全国禁煙アドバイザー育成講習会
チームメンバー10名で参加しました。



これは、ヒルズのDHメンバーの指導に来て頂いている
佐々木先生の勧めで受講することになりました。

DHメンバーだけが、参加すると思っていましたが
希望者を募ると、全員で受講することになり
皆の意識の高さに驚かされます。

片道2時間以上、講習会は朝から夕方までと
丸1日を費やしました。

軽いタバコや電子タバコも、体への害、
有害物質
があることが分かりました。

又、3次喫煙、3rdスモークという言葉も
初めて学びました。

ベランダや換気扇の下で喫煙していても、
影響が大きいことを知りました。

しかし、ニコチンパッチや飲み薬(チャンピックス)で禁煙できる事、
妊婦さんも、飲み薬(チャンピックス)が使えることが分かり、
禁煙支援が、楽しみになりました。

以下、皆が翌朝提出してくれたレポートです。

一番印象に残ったことは、受動喫煙によるお話でした。     
ヒルズでは、お子さんや妊婦さんが多く来院されています。
同席しているご家族にヘビースモーカーがいるということを
たまに耳にすることがあります。
患者さんご本人に対する、禁煙へのアドバイスは
少しずつ行ってきましたが、受動喫煙に関するお話は
したことがありません。
歯科からのアドバイスということで、
歯周病との関係し、お話出来ていませんでした。
でも、完全に分煙しない限り、
タバコの煙による害は免れないと知り、
お子さんや妊婦さんへの影響は、決して他人事ではなく、
身近な問題だと感じました。禁煙支援のポイントとして、
ご家族への影響もお話してみる、ということも
1つの方法かと思いました。  

電子タバコとアイコスについて、
詳しく聞けて良かったです。
煙の量が全然ないように見えますが、
はっきりと目では見えててなくても、
特殊な光で見えるようにすると
すごい量の煙が出ていて驚きました。

テレビで禁煙外来という耳にするようになり、
病院に行って、禁煙について相談することが
できることは知っていました。
しかし、どのような内容なのか、
どのような薬を使うのかは
全く知りませんでした。飲み薬や、貼り薬があり、
使い方や使用期間、カウンセリングの仕方など
詳しく知ることができました。自分たちの意見(たばこは
絶対やめた方が良い、体にいいことは1つもないなど)を
押し付けるのではなく、まずは相手の性格に合った
話し方、対応の仕方をすることで、
禁煙支援をスムーズに進めていけると思いました。

今までは、受動喫煙が体に良くないと知っていましたが、
洋服や髪の毛カーペット等に残留した、たばこの
有害物質を吸入することや、吸い終わった後でも
45分くらいは口から有害物質が出ていることには驚きました。
2ndコンサルで禁煙をお奨めする時にも、
家族や周りに気づかって分煙をしているかどうかを
質問しても良いかもと思いました。

「来てくれたことに感謝」
「禁煙しようと思ったことを労う」
「禁煙を考えていることを認める」
変わることというのは、とても勇気がいります。
認めて褒めることは、私たちがいつも
診療を行っている中で、患者様が
歯医者に来て下さることと置き換えて
実践できるので、しっかり言葉にして伝えていきます。

喫煙率は、東高西低で、私の住んでいる
奈良県が一番低いと聞き、びっくりしました。
知りたかった新型煙草に問題も、沢山触れておられ、
電子タバコと加熱式タバコの違いを
ハッキリ知ることができました。
実際に、アイコスに変えたからヤニも付かなくなって
満足そうに来院される患者様を見て、
もどかしく感じていました。
ニコチン依存症とは、本数を減らしても
断ち切れていないので、
ニコチンパッチやチャンピックスなど
その方によって使い分けが大切だと感じました。

人柄(パーソナリティ)が分かると、
やる気を引き出す一言がかけやすくなると聞いて
なるほどなと思いました。禁煙支援の時だけじゃなく
TBIの時でも、Krの性格を見て行っていますが、
教えて頂いた5種類の人柄の中で、どれにあたるのか、
どのように伝えればモチベーションを上げられるのか、
続けられるのかを考えて、対応していきたいと
改めて感じました。

喫煙は、脱毛や目の病気など、様々なところで
影響が出てくるというのが驚きでした。
また、日本では受動喫煙によって、
年間15000人もの人が死亡しているというのを聞いて
とても怖いなと感じました。
喫煙者のリスクだけではなく、受動喫煙になる人の
リスクもしっかりと知っておく必要があると
強く感じまた。
また、電子タバコや加熱式タバコを、非喫煙者が
使用しているというのが驚きでした。
これが、喫煙に繋がっていくとなると
とても恐ろしいです。ちゃんとリスクを理解すること、
情報収集することが、まずは重要だと思いました。

['17/6/20]坂井さん送別会
7月末で退職される、スマイルクリエーター坂井さん
送別会を開きました。



大学卒業後、3年4カ月間、勤務して下さいました。
学生時代は、剣道部の部活を熱心にされており
アルバイト経験もなく、初めての仕事でした。

素直で思いやりのある坂井さんは、
先輩スマイルクリエーターの指導の下
スクスクと成長されました。

先輩たちの結婚・出産を経て、今年1月~は
常勤のスマイルクリエーターは1人
となり
他のメンバーを教える立場としても、活躍されました。

坂井さんの送別会の幹事は、密山さんと森口DHでした。

今回、他にも原田DH10年勤続金バッチ贈呈のお祝い、
中本DH主任就任祝い、千本さん幹部メンバー昇進祝いも
同時に行う、盛り沢山な会でした。

 

幹事の2人が考えて下さった、お手紙リレーで4名の主役の方に、
チームメンバーで創ったお手紙をプレゼントしました。

 



初めてお手紙リレーを体験しましたが、
どのお手紙も、文脈が通っており、
即興で10分で書いたとは、思えませんでした。

日頃から、いつもチームメンバーを
思いやっているからこそ
だと感じました。

別れはさみしいですが、笑顔あふれる送別会になりました。

2人の幹事に、凄く感謝しています。
坂井さんには、3年間の思い出が沢山つまったアルバムBOX
寄せ書き8月の10周年パーティーの招待状も贈られました。



次の院内のBigイベントは、8月のパーティーです。
こちらも、心温まる会にしたいと思います。

['17/6/19]ドクターズファイル
ライターの方と、カメラマンの方が来て下さり
ドクターズファイルという取材を受けました。



下のリンクから、詳しい内容をご覧いただけます。
https://doctorsfile.jp/h/143792/df/1/

私たちが大切にしている、予防歯科・マタニティ歯科のこと、
なぜ、予防歯科を主体とするようになったのか、
10年間続けてこられた理由等、
沢山記事にして下さいました。

院内外にも、掲示しているので、
是非この機会にご一読ください。
['17/6/15]歯育て教室
6月は歯科検診の季節です。

休診日は、園医をさせて頂いている15の保育園に、
約570人の歯科健診のため巡ります。

そのうちの1つ、蓮美幼児学園うえしおキンダースクールにある、
子育て支援センターきらきらにて、
今年も歯育て教室を開催させて頂く事になりました。


(画像をクリックすると拡大します)

歯の育て方知りたい人~あつまれ!
日時 9月27日(水) 10:30~11:30
場所 子育て支援センターきらきら

9月12日(火)より受付15組です

昨年も満員御礼でした、ご予約はお早めに!

['17/5/27]POSH勉強会
健康プロモーターの勉強会POSH
チームメンバーと一緒に参加しました。

メニューは
・キッズTC
・ダイアログワーク
・会話<対話

でした。

コミュニケーションの課題として
「伝える」と「伝わる」をテーマにして
話し合う事がよくありましたが
「対話」という言葉は馴染みのないものでした。

会話…日常で話す取り留めのない言葉
    信頼関係がなくても取れるコミュニケーション

対話…お互いを理解する為に、本音と本音の話し合いをする事。
    信頼関係を築くためのコミュニケーション。

と、教わりました。

私たちの医院でも、SMILE&COMMUNICATIONを大切にしています。
このCOMMUNICATIONは、対話だったんだと気づきました。

日本語で言うと「笑顔と対話」だったのですね。

ヘルスプロモーションのため、
予防を主体とした、来院者の皆様の健康のお手伝いをするために、
これからも大切にしていきます。
['17/5/19]プロとアマの違い 13ヶ条
いつもお世話になっている株式会社ブロックス
西川社長がFaceBookに書かれていた言葉に
心を動かされたのでご紹介します。

プロとアマの違い 13ヶ条

1 プロ…人間的成長を求め続ける
  アマ…現状に甘える

2 プロ…自信と誇り
  アマ…ぐちっぽい

3 プロ…常に明確な目標を指向
  アマ…目標が漠然としている

4 プロ…他人の幸せに役立つ喜び
  アマ…自分が傷つくことは回避する

5 プロ…可能性に挑戦し続ける
  アマ…経験に生きる

6 プロ…想い信じ込むことができる
  アマ…不信が先にある

7 プロ…自己訓練を習慣化
  アマ…気まぐれ

8 プロ…時間を有効に習慣化
  アマ…気まぐれ

9 プロ…成功し続ける
  アマ…失敗を恐れる

10 プロ…自己投資を続ける
   アマ…享楽的資金優先 

11 プロ…使命感を持つ
   アマ…途中で投げ出す

12 プロ…できる方法を考える
   アマ…できない言い訳が口に出る

13 プロ…自分のシナリオを書く
   アマ…他人のシナリオが気になる

株式会社ブロックスさんでも、社内で掲示されているです。
もともとは大和ハウス工業の会長の言葉だそうです。

私は昔から、「プロフェッショナル」「プロ意識」
強い憧れがあり、この言葉を大切にしたいと思いました。

西川社長も「日々プロとしてすべてに丸がつくか?と問われると
甘えたり妥協していることもあるかもしれません。
難しい事ばかりですが、人に感動を与える本当に素晴らしい仕事
プロでなければできませんね」とFaceBookに書かれていました。

心から共感できる言葉でした。
尊敬できる方に囲まれる幸せを力にして
プロフェッショナルを追いかけていきたいと思います。
['17/5/18]蝶々が飛んできました
毎週木曜日にお向かいのお花屋さんPiantaさんから
お花を届けて頂いています。

今日も朝にお花が届いていましたが
お昼に見るとお花に蝶が止まっていました。



その蝶は貝殻でできた美しい蝶です。
どこからやってきたのか?と
受付メンバーに尋ねると
10年来通って下さっている
患者様からの手作りのプレゼントでした。

とても素敵で新しい受付メンバーとして
歓迎しています。

どうぞ皆様もPiantaさんのお花と
患者様の蝶の作品のコラボを
楽しんで頂けたらと思います。
['17/5/17]私のかかりつけ歯科医 歯科衛生士
「先生の歯は誰が治療されているのですか?」と
患者さんから、よく、尋ねられます。

私は来院される皆様同様、
3カ月に1度私の恩師の先生の下へ通っています。
10年前に私が勤務させて頂いていた
東大阪市のヨリタ歯科クリニックです。

主治医はヨリタ理事長と、歯科衛生士の寺田さん。
10年来お世話になっています。



といっても、10年間で虫歯治療や1度だけ。
もっぱら歯科衛生士の寺田さんにお世話になっています。

信頼できるDrとDHのおかげで、得意ではない歯科医院も
安心して通い続けることができています。

歯科医師であっても自分で治療はできません。
皆さん同様、年齢と共に
歯周病・くいしばり・知覚過敏や口呼吸といった
リスク因子
も抱えています。

今後もホームケアとプロケアで、自らの健康も
守っていきたいと思います。
['17/4/26]デンタルクレンリネス講座
著書を拝読して、以前から興味を持っていた
「デンタルクレンリネスを実践したい」という想いが強くなり、
2月にお願いしていた院内クレンリネス講座を開催して頂きました。



座学だけでなく、実際に今の医院の現状を
患者様目線でチェックし、手を動かしてみることも
皆でしました。

 

チームメンバー皆(私も含め)院内の5S活動が好きで
力を入れて取り組んできたのですが、本を拝読して、
やり方が間違っていると感じたからです。

「キレイにしたい」という気持ちを無駄にしていると思い
プロに教わり、正しい方法でキレイにしたいと思いました。

実際、全員で本を読みましたが、私たちの医院には
どの方法が適しているのか、明確にしたいと感じていました。

本日、小林さんに実際に考え方・やり方を直接教わり、
自分たちでも取り組めそうだと道筋が見えました。

10年分の汚れを一掃し、またキレイをキープし続ける仕組みを
皆で作り、実行したいと思います。



明後日には、レベルの高い新しい滅菌機も導入します。
10年経って、ユニフォームも身だしなみも進化させてきました。
様々なアプローチで、洗浄・滅菌レベルもより向上させていきます。
['17/4/23]口腔機能発達サポーター養成講座
常勤メンバー10人で、池田市口腔機能発達支援研修会
口腔機能発達サポーター養成講座
に参加しました。



絶好の行楽日和にもかかわらず、一緒に学んでくれる
チームメンバーの意識の高さを有難く思っています。

今月は、このセミナーの他に、
新人メンバー向けのグループ内研修が3回。
15日夜は、DH勉強会WISH、
22日夜はDr勉強会ヨリタ塾、
26日にはデンタルクレンリネス講座、

27日はDHの研修と学ぶ機会がなんと8回もあります。
どれも良い内容のものばかりなので、糧にしていきます。

今回の講座は3回コース
皆でサポーター認定書を目指して、受講します。
特に初回は、離乳食の補助や指導に活かせる
実践的な内容となっていました。

講師には、地域保健分野認定衛生士の赤井綾美先生と
管理栄養士・健康咀嚼し同士の田中美智子先生でした。

私たちの医院では、保育士や管理栄養士も常勤で勤務しており
妊娠期や授乳期のお母様や、乳幼児の方も多いため
貴重な学びになりました。

管理栄養士の先生のお話では、
平成になってから10%の子が低体重児で生まれていること、
私たち自身も、野菜の摂取量が少なく、
お菓子の量が多い
ことなど、気づきがありました。

衛生士の先生のお話では、実践を通して、
足育からの姿勢、呼吸の大切さ
改めて飲む・食べる時の
歯や舌・頬の動き・働きや呼吸との連動
再確認できました。

乳幼児だけでなく、高齢者や・義歯の方にも
応用できることがありました。

第2回・第3回と、より実践的な内容に
発展していくので楽しみです。
['17/4/3]開業10周年
4/1でおかげさまで、開業10周年を迎えることができました。
長かった気持ちと、あっと言う間と言う気持ちが交錯します。

石の上にも30年と思っているので、まだまだこれから
やりたいこと・やるべきことが多くありますが、
これからも一歩一歩歩んできたと思います。

以前勤務して下さっていた、岡山Drからは、
ヒルズカラーのシックなお花を頂きました。
お花の香りに包まれて、とても癒されます。



又、6年勤務されていた平山Drからは、大量のお菓子とお手紙



私の師匠である寄田先生からは「10」の文字が鮮やかな
お祝いにふさわしい紅白のバラのアレンジを頂きました。

 

そして、チームメンバーからは、「10」のポーズの写真と共に
嬉しいメッセージを頂きました。

「ヒルズ10周年おめでとうございます!
今まで培ったヒルズの文化・歴史を
もっともっとメンバーとつないでいきましょう!
新しいステージへこれからも宜しくお願いします♪」




この言葉通り、皆で築いた歴史を培っていきたいと思います。
又、この日の事を、わくわくプロジェクトの森廣さん
早速可愛くコラージュにして、化粧コーナーに飾ってくれました。

この日の事を忘れず、開業した思いも忘れずに、過ごしていきます。

患者様からもお祝いの言葉をたくさんかけて頂き、
有難うございました。



['17/3/31]足育
今年も勤務されて1年経った診療メンバー2名DH森口・森廣さん)と
1年先輩のDH中田さんと一緒に、いつもお世話になっている
ニューバランス大阪店へ行ってきました。
ニューバランス大阪店は、3/29にリニューアルオープンされたばかりです。



私たちは足育のために、NB1400を着用して仕事をしています。
日本人の足型に合った、幅が広く、足指を広げて
足育
ができる靴であるための選択をしています。

今までアナログだった足の測定がデジタル化され、
瞬時に自分の足の左右のサイズ、足幅が分かります。



その後、実際に着用して、プロフェッショナルなスタッフの方が
ぴったりフィットさせて下さいます。



初めて着用した2人も、そのフィット感に驚いて
この笑顔になっていました。
1日中履いている靴選び、大切ですね。



そして、靴を買って、1年経過していた中田DHは
インソールを選んでもらって、新調していました。

インソールを変えるだけで、フィット感がUPします。
私も定期的にインソールを交換しています。

リニューアル記念で先着順で頂けるピンバッチを
プレゼントして頂けました。

今日、お店に行った4名には、制服の胸にピンバッチを
付けているのでcheckしてみて下さい。

みなさんも、是非、足育、始めてみませんか?
['17/3/26]0才から始めよう!不正咬合の予防
昨年も参加した子どもの咬合を考える会の特別講演に
DH3名と一緒に参加しました。
午前10時~午後17時まで、しっかりと学んできました。



テーマは、0才からはじめよう!不正咬合の予防です。
乳幼児からのお口の発達を学べる、貴重な機会です。
講師は、朝日大学副学長 歯学部教授の田村康夫先生でした。

実は、歯並び・咬み合せと、0才からのお口の形や機能
つながっています。

田村先生から、乳児期の成長による、お口の解剖学的変化から
おっぱいを吸う・飲み込む機能の発達と
かむ機能の発達と、歯並び・咬み合せの成長や変化について
長年の研究データをもとに、お話して下さいました。



又、会員発表や、「0歳からの不正咬合予防にどうかかわるか」
シンポジウムも行われました。



昨年の特別講演の後、院内で
知識を集めてポスターにした
不正咬合を予防する子育ち10ヶ条
再度発信していきます。
['17/3/4]素敵なプレゼント
滋賀県で開業されているかがやき歯科クリニックさんが
見学に来て下さいました。

院長の浅野先生とは、開業前からの旧知の仲です。

今回久しぶりに再会しました。
受付スマイルクリエーター長谷川さんと
保育士さんと一緒に来られました。

食育・息育にも取り組まれており
保育サービスをされていたり
管理栄養士さんによる離乳食教室も行われていたりと
取り組みや歴史が似ていて、とても刺激になりました。

今後、、マタニティ歯科・乳幼児の歯科にも
取り組まれるそうです

お昼休みに色々とお話させて頂きましたが
話は尽きず、あっという間に時間が流れました。

そんな素敵な、かがやき歯科クリニックさんから、
素敵なプレゼントを頂きました。



大きな歯の模型と、大きな歯ブラシです。

歯の模型を頂いたのは初めてです。
とても驚きました。

私も歯の模型はいつも保健指導で使用しているので
持っているのですが
これをキッズルームのおもちゃとして
使う発想はありませんでした。

先生の子どもの好奇心をかきたてる
アイディア力
が素晴らしいと感じています。

きっと診療や経営においても
奇想天外な発想をお持ちなのでしょう。

近々私たちも、かがやき歯科クリニックさんに
見学に行かせていただこうと考えています。

早速キッズルームに、歯の模型と歯ブラシを置いたところ
子どもたちに大人気でした。

「何これ大きな歯ブラシ」
「お母さん見て、大きな歯がある」
等の声が
診療室にまで聞こえてきました。

是非、新しい歯の模型で遊びにいらして下さいね。
['17/2/17]禁煙支援
今年のDH・私の個人・そして医院の目標に、禁煙支援があります。

タバコが体に良くないことを知らない方の方が少ないでしょうし
昨年からアンケートを取ってみると、「タバコをやめたい」
思っておられる方が、多くいらっしゃいます。

「やめたいけど、やめられない」、「やめれるものならやめたい」
というお声を、診療室でよく耳にします。

もちろん、お口の健康においても、タバコは悪影響が多くあります。

ヤニが付くだけでなく、歯ぐきへの酸素の供給が低下し、
歯周病の大きなリスクになるほか、ドライマウスによる、
むし歯リスクの上昇歯を抜いた後の治りが悪くなるなどです。

禁煙には心理的なサポートも有効とのデータがあり
私たちは、その役割が果たせたらと考えています。

そこで最近、DHメンバーが作成してくれたのが
「禁煙をお考えのあなたへ」のポスターです。


(画像をクリックすると拡大します)

「最近iQOSに変えたんですよ」と、体に良いタバコとして
大人気の商品のことを話される方が昨年から増えています。

タールを含まず、ヤニは付きませんが、パイプタバコに属し、
ニコチン依存症になることは、タバコと変わりありません。
身体に悪いタバコであることは同じです。

ポスターでは、ブリンクマン指数 1日の喫煙本数×喫煙年数
紹介しています。200以上が、喫煙治療で保険適応になる条件の1つだそうです。
1日20本吸われる方なら、10年間で達してしまいます。

妊娠、お子様が誕生されるタイミングなどで、
10年未満で禁煙されることを強く願います。

今年は禁煙の情報も沢山発信していきたいと思います。
['17/2/14]バレンタインフェスタ
今年のバレンタインフェスタは、大人と子供でプレゼントが異なりました。
企画してくれたのは、密山さんDH森廣さん

大人の方には、チョコレートではなく、check up gelのミニサイズ。
ウルトラフロス歯科専売キシリトールガムの3点setでした。

check up geというのは、フッ素のgelです。歯磨剤でハミガキし、
うがいをした後に、トリートメントのように、歯に塗り、
そのまま30分飲食しないで頂く、歯の美容液のようなものです。



歯科医院で塗るものと比べ、濃度は1/10と低くなりますが
毎日塗ることで、歯の質を強く保てます。

ウルトラフロスはY字型の糸ようじです。
フロス・糸ようじを使っていないという方は、まだまだ多く、
初めて使われる方には特に適した商品です。

中田DHはプレゼントするフロスを使って、
フロスの使い方を指導するという熱心さでした。

これを機会にフロス・糸ようじなどの補助器具や、
フッ素を毎日のケアに取り入れて頂けたら嬉しいです。

私たちの熱い愛は皆さんに届いたでしょか?
['17/2/8]チームメンバーの声
今月より、チームメンバーのブログ
コラムの形式に変更になりました。

密山さんが、昨年よりコツコツ進めて下さり、
今回リニューアルしました。

もちろん、開業時から10年近く書いてきた
チームメンバーのブログも
見れるようになっていますのでご安心ください。

毎日更新を目指して、頑張ってくれているので、
読んで頂けたら嬉しいです。

毎日同じような日々を送っているようで、
毎日小さなことではありますが、色々な変化があります。

小さな変化にも敏感に、気づき力高く
日々を皆と過ごしていきたいと思います。

['17/2/7]カムカムクラブ卒業おめでとう
毎年、年が明けるとカムカムクラブは卒業シーズンを迎えます。
カムカムクラブは、0~12歳までのお友達が入会できます。
小学校卒業と同時に、大人と同じウェルカムクラブへと
大人の階段を昇ります(笑)

3カ月に1度の定期健診なので、次回中学生になっているお友達には、
卒業証書とお祝いの品をお渡ししています。

このたび10周年を機に、お祝いをリニューアル
フッ素ジェル、フロス、キシリトールガムの3点セットです。



せっかく長年、カムカムクラブに通ってくれたので、
ベーシックな歯ブラシ・歯磨剤だけでなく、
補助的なグッズも使って今後もホームケアとプロケアで
お口の健康を守り続けてほしいです。

中高生になると、自分でおやつを買ったり
部活などで通院が難しくなる子も多くいます。

長期休み(夏休み、冬休み、春休み)を利用して
来て下さる子も多いです。

一番の予防は「途切れることなく歯科に通うこと」。
卒業しても、ご来院お待ちしています。
['17/1/15]よしだ歯科
大学、部活、元の勤務先と公私共に、長期間親しくさせて頂いている
吉田真一郎先生の、箕面市 よしだ歯科の増築リニューアルの内覧会
チームメンバーと一緒に行ってきました。



今回のリニューアルでは2F部分に沖縄リッツカールトンの
クラブフロア
をイメージして、予防フロアをオープンされました。
天井が高く、琉球ガラスのステンドグラスで海と空が表現され、
リゾートホテルのような、リラックスできる上質空間でした。

 

診療スペースは個室で1部屋ごとにwine、blue、green room 等
ネーミングされていました。

この日はたまたま10年に1度と言われる程の大雪の日
箕面はバスも運休する程の吹雪でした。

しかし、よしだ歯科のスタッフの皆様の底抜けの明るさ、
元気良さ、笑顔
と、愛いっぱいのよしだ先生のおかげで、
温かい雰囲気に満ち溢れていました。

 

困り事の無い方が、予防のために通うのに最適なフロアになっていました。
ますます、予防のために歯科に通うのが定着することと思います。

同じ志で、私たちも予防歯科を広めていきます。
['17/1/11]2017年スタート
1/5より今年も全員元気に診療しています。
今年4月で10周年。
新たなステージに向けて発進中です。

私たちは、毎年お正月休みに年間行動目標を立てています。
もうこの用紙を書き始めて10年以上になります。

1年を振り返り、少しずつ毎年変化を加えながら、
目標達成のための奉仕活動、目標達成により得られる利益、
行動分析と具体的行動目標を立てていきます。

私はプライベートでも年間目標を立てています。
アナログですが、目標として紙に書いたものしか実現しない
という持論があります。

チームメンバー皆も目標を叶えて
豊かな1年にしてほしいと思っています。

私の2017年具体的行動目標
1.Drの育成
2.Drの採用
3.DHの育成 佐々木先生と協力して
4.予防ベースの歯科医院確立へ(DH枠を7枠に)
5.位相差顕微鏡の導入
6.チームメンバーと一緒にセミナー受講
7.10周年記念イベントを行う
8.幹部メンバーを育てる
9.禁煙支援のシステムを作る
10.新しいメニューを作る
11.2校のDH学校の実習の充実
12.グループ医院・院外の方との交流
13.実践事例を実践する
14.息育・足育・食育を形にする みそ汁の日実施
15.自分自身のテクニカルスキルUP
16.月一冊以上本を読む→具体的に実践する
17.ジム・トレーニングの励行(週1~)
18.滅菌技士の有資格者を置く(滅菌レベルの向上)
19.中高生のリコール強化
20.スタッフ満足のための試みを考える(簡潔なもので)

10年間で成功へ導く決意表明、
成功へのセルフトーク
も変化してきました。

「自分たちにしかできない医院作り」
「ヒルズは永遠に未完成」
「石の上にも30年」
「人の上に立つ天使になる」

です。

この1年間も佳い年になるよう努めていきます。
どうぞ宜しくお願い致します。
ページの先頭へ
アクセス診療時間 上本町ヒルズ歯科への思い 診療方針 クリニックの5つのこだわり 7つの診療スタイル
ウエルカムクラブ カムカムクラブ スマイルクラブ ハイハイクラブ メッセージ from Dr.ナガイ
Copyright (C) 2007. Uehonmachi Hills DC. All Rights Reserved.
上本町ヒルズ歯科クリニック
大阪府大阪市天王寺区の歯医者、歯科医院、上本町ヒルズ歯科クリニック
<大阪赤十字病院西隣、ウェルライフ上本町2F>
〒543-0027 大阪府大阪市天王寺区筆ヶ崎町5-52-201
TEL 06-6774-4182
一般、小児、矯正、インプラント、審美、衛生士求人には、
大阪赤十字病院の患者様をはじめ、大阪市天王寺区、中央区、生野区、東成区、
阿倍野区、浪速区、東大阪市、奈良市から患者様が来院されています
website produced by eje inc.