トップページ リンク集 サイトマップ
アクセス 無料メール相談 メルマガ登録
上本町ヒルズ歯科クリニック
上本町ヒルズ歯科について
アクセス&診療時間
上本町ヒルズ歯科への思い
診療方針
クリニックの5つのこだわり
7つの診療スタイル
尊敬するチームメンバー紹介
愛するチームメンバー募集
アワクレド(私たちの文化)
Q&A
診療のご案内
スマイルクラブ(歯ならび矯正)
インプラント
ホワイトニング
プライスリスト
上本町口腔ケアセンター
他科との連携
イベント・予防クラブ
上本町予防サロン ウエルカムクラブ
子どもの歯を守る カムカムクラブ
マイナス1歳からのハイハイクラブ
親子でむし歯予防 マザースクール
メッセージ集
上本町ヒルズ歯科を支えてくれる多くの人達の声
あなた様へのメッセージfromDr.ナガイ

マタニティ歯科研究会
  
マタニティ歯科研究会
商標登録
第5198133号

 
 
 
  
デンタルダイヤモンド社の
歯科衛生士雑誌、
DHStyleに
連載しています。




今回のテーマは、
産後の健康学習②
です。

ご興味のある方はコチラ
  
デンタルダイヤモンド社の
歯科衛生士雑誌、
DHStyleの特集に
掲載されました。




マタニティ歯科が、
全国に広まるきっかけに
なれば、幸いです。

ご興味のある方はコチラ
  
ベネッセコーポレーション社の
ひよこクラブ」
2009年4月号に
掲載されました。



赤ちゃんのお口の
健康についてママの疑問に
答えています。


メッセージ集
あなた様へのメッセージ from Dr.ナガイ

上本町ヒルズ歯科はデンターネットに参加しています。
「上本町ヒルズ歯科クリニック素敵だな~、行ってみたいな」
思って頂いている方は、ココからデンターネットに行って、
「上本町ヒルズ歯科クリニック」
「HP」というボタンをクリックして下さい。
投稿も募集中です。
Dr.ナガイのコラム バックナンバー一覧
Dr.ナガイのコラム
['17/6/20]坂井さん送別会
7月末で退職される、スマイルクリエーター坂井さん
送別会を開きました。



大学卒業後、3年4カ月間、勤務して下さいました。
学生時代は、剣道部の部活を熱心にされており
アルバイト経験もなく、初めての仕事でした。

素直で思いやりのある坂井さんは、
先輩スマイルクリエーターの指導の下
スクスクと成長されました。

先輩たちの結婚・出産を経て、今年1月~は
常勤のスマイルクリエーターは1人
となり
他のメンバーを教える立場としても、活躍されました。

酒井さんの送別会の幹事は、密山さんと森口DHでした。

今回、他にも原田DH10年勤続金バッチ贈呈のお祝い、
中本DH主任就任祝い、千本さん幹部メンバー昇進祝いも
同時に行う、盛り沢山な会でした。

 

幹事の2人が考えて下さった、お手紙リレーで4名の主役の方に、
チームメンバーで創ったお手紙をプレゼントしました。

 



初めてお手紙リレーを体験しましたが、
どのお手紙も文脈が通っており
即興で10分で書いたとは思えませんでした。

日頃から、いつもチームメンバーを
思いやっているからこそ
だと感じました。

別れはさみしいですが、笑顔あふれる送別会になりました。

2人の幹事に、凄く感謝しています。
坂井さんには、3年間の思い出が沢山つまったアルバムBOX
寄せ書き8月の10周年パーティーの招待状も贈られました。



次の院内のBigイベントは、8月のパーティーです。
こちらも、心温まる会にしたいと思います。

['17/6/19]ドクターズファイル
ライターの方と、カメラマンの方が来て下さり
ドクターズファイルという取材を受けました。



下のリンクから、詳しい内容をご覧いただけます。
https://doctorsfile.jp/h/143792/df/1/

私たちが大切にしている、予防歯科・マタニティ歯科のこと、
なぜ、予防歯科を主体とするようになったのか、
10年間続けてこられた理由等、
沢山記事にして下さいました。

院内外にも、掲示しているので、
是非この機会にご一読ください。
['17/6/15]歯育て教室
6月は歯科検診の季節です。

休診日は、園医をさせて頂いている15の保育園に、
約570人の歯科健診のため巡ります。

そのうちの1つ、蓮美幼児学園うえしおキンダースクールにある、
子育て支援センターきらきらにて、
今年も歯育て教室を開催させて頂く事になりました。


(画像をクリックすると拡大します)

歯の育て方知りたい人~あつまれ!
日時 9月27日(水) 10:30~11:30
場所 子育て支援センターきらきら

9月12日(火)より受付15組です

昨年も満員御礼でした、ご予約はお早めに!

['17/5/27]POSH勉強会
健康プロモーターの勉強会POSH
チームメンバーと一緒に参加しました。

メニューは
・キッズTC
・ダイアログワーク
・会話<対話

でした。

コミュニケーションの課題として
「伝える」と「伝わる」をテーマにして
話し合う事がよくありましたが
「対話」という言葉は馴染みのないものでした。

会話…日常で話す取り留めのない言葉
    信頼関係がなくても取れるコミュニケーション

対話…お互いを理解する為に、本音と本音の話し合いをする事。
    信頼関係を築くためのコミュニケーション。

と、教わりました。

私たちの医院でも、SMILE&COMMUNICATIONを大切にしています。
このCOMMUNICATIONは、対話だったんだと気づきました。

日本語で言うと「笑顔と対話」だったのですね。

ヘルスプロモーションのため、
予防を主体とした、来院者の皆様の健康のお手伝いをするために、
これからも大切にしていきます。
['17/5/19]プロとアマの違い 13ヶ条
いつもお世話になっている株式会社ブロックス
西川社長がFaceBookに書かれていた言葉に
心を動かされたのでご紹介します。

プロとアマの違い 13ヶ条

1 プロ…人間的成長を求め続ける
  アマ…現状に甘える

2 プロ…自信と誇り
  アマ…ぐちっぽい

3 プロ…常に明確な目標を指向
  アマ…目標が漠然としている

4 プロ…他人の幸せに役立つ喜び
  アマ…自分が傷つくことは回避する

5 プロ…可能性に挑戦し続ける
  アマ…経験に生きる

6 プロ…想い信じ込むことができる
  アマ…不信が先にある

7 プロ…自己訓練を習慣化
  アマ…気まぐれ

8 プロ…時間を有効に習慣化
  アマ…気まぐれ

9 プロ…成功し続ける
  アマ…失敗を恐れる

10 プロ…自己投資を続ける
   アマ…享楽的資金優先 

11 プロ…使命感を持つ
   アマ…途中で投げ出す

12 プロ…できる方法を考える
   アマ…できない言い訳が口に出る

13 プロ…自分のシナリオを書く
   アマ…他人のシナリオが気になる

株式会社ブロックスさんでも、社内で掲示されているです。
もともとは大和ハウス工業の会長の言葉だそうです。

私は昔から、「プロフェッショナル」「プロ意識」
強い憧れがあり、この言葉を大切にしたいと思いました。

西川社長も「日々プロとしてすべてに丸がつくか?と問われると
甘えたり妥協していることもあるかもしれません。
難しい事ばかりですが、人に感動を与える本当に素晴らしい仕事
プロでなければできませんね」とFaceBookに書かれていました。

心から共感できる言葉でした。
尊敬できる方に囲まれる幸せを力にして
プロフェッショナルを追いかけていきたいと思います。
['17/5/18]蝶々が飛んできました
毎週木曜日にお向かいのお花屋さんPiantaさんから
お花を届けて頂いています。

今日も朝にお花が届いていましたが
お昼に見るとお花に蝶が止まっていました。



その蝶は貝殻でできた美しい蝶です。
どこからやってきたのか?と
受付メンバーに尋ねると
10年来通って下さっている
患者様からの手作りのプレゼントでした。

とても素敵で新しい受付メンバーとして
歓迎しています。

どうぞ皆様もPiantaさんのお花と
患者様の蝶の作品のコラボを
楽しんで頂けたらと思います。
['17/5/17]私のかかりつけ歯科医 歯科衛生士
「先生の歯は誰が治療されているのですか?」と
患者さんから、よく、尋ねられます。

私は来院される皆様同様、
3カ月に1度私の恩師の先生の下へ通っています。
10年前に私が勤務させて頂いていた
東大阪市のヨリタ歯科クリニックです。

主治医はヨリタ理事長と、歯科衛生士の寺田さん。
10年来お世話になっています。



といっても、10年間で虫歯治療や1度だけ。
もっぱら歯科衛生士の寺田さんにお世話になっています。

信頼できるDrとDHのおかげで、得意ではない歯科医院も
安心して通い続けることができています。

歯科医師であっても自分で治療はできません。
皆さん同様、年齢と共に
歯周病・くいしばり・知覚過敏や口呼吸といった
リスク因子
も抱えています。

今後もホームケアとプロケアで、自らの健康も
守っていきたいと思います。
['17/4/26]デンタルクレンリネス講座
著書を拝読して、以前から興味を持っていた
「デンタルクレンリネスを実践したい」という想いが強くなり、
2月にお願いしていた院内クレンリネス講座を開催して頂きました。



座学だけでなく、実際に今の医院の現状を
患者様目線でチェックし、手を動かしてみることも
皆でしました。

 

チームメンバー皆(私も含め)院内の5S活動が好きで
力を入れて取り組んできたのですが、本を拝読して、
やり方が間違っていると感じたからです。

「キレイにしたい」という気持ちを無駄にしていると思い
プロに教わり、正しい方法でキレイにしたいと思いました。

実際、全員で本を読みましたが、私たちの医院には
どの方法が適しているのか、明確にしたいと感じていました。

本日、小林さんに実際に考え方・やり方を直接教わり、
自分たちでも取り組めそうだと道筋が見えました。

10年分の汚れを一掃し、またキレイをキープし続ける仕組みを
皆で作り、実行したいと思います。



明後日には、レベルの高い新しい滅菌機も導入します。
10年経って、ユニフォームも身だしなみも進化させてきました。
様々なアプローチで、洗浄・滅菌レベルもより向上させていきます。
['17/4/23]口腔機能発達サポーター養成講座
常勤メンバー10人で、池田市口腔機能発達支援研修会
口腔機能発達サポーター養成講座
に参加しました。



絶好の行楽日和にもかかわらず、一緒に学んでくれる
チームメンバーの意識の高さを有難く思っています。

今月は、このセミナーの他に、
新人メンバー向けのグループ内研修が3回。
15日夜は、DH勉強会WISH、
22日夜はDr勉強会ヨリタ塾、
26日にはデンタルクレンリネス講座、

27日はDHの研修と学ぶ機会がなんと8回もあります。
どれも良い内容のものばかりなので、糧にしていきます。

今回の講座は3回コース
皆でサポーター認定書を目指して、受講します。
特に初回は、離乳食の補助や指導に活かせる
実践的な内容となっていました。

講師には、地域保健分野認定衛生士の赤井綾美先生と
管理栄養士・健康咀嚼し同士の田中美智子先生でした。

私たちの医院では、保育士や管理栄養士も常勤で勤務しており
妊娠期や授乳期のお母様や、乳幼児の方も多いため
貴重な学びになりました。

管理栄養士の先生のお話では、
平成になってから10%の子が低体重児で生まれていること、
私たち自身も、野菜の摂取量が少なく、
お菓子の量が多い
ことなど、気づきがありました。

衛生士の先生のお話では、実践を通して、
足育からの姿勢、呼吸の大切さ
改めて飲む・食べる時の
歯や舌・頬の動き・働きや呼吸との連動
再確認できました。

乳幼児だけでなく、高齢者や・義歯の方にも
応用できることがありました。

第2回・第3回と、より実践的な内容に
発展していくので楽しみです。
['17/4/3]開業10周年
4/1でおかげさまで、開業10周年を迎えることができました。
長かった気持ちと、あっと言う間と言う気持ちが交錯します。

石の上にも30年と思っているので、まだまだこれから
やりたいこと・やるべきことが多くありますが、
これからも一歩一歩歩んできたと思います。

以前勤務して下さっていた、岡山Drからは、
ヒルズカラーのシックなお花を頂きました。
お花の香りに包まれて、とても癒されます。



又、6年勤務されていた平山Drからは、大量のお菓子とお手紙



私の師匠である寄田先生からは「10」の文字が鮮やかな
お祝いにふさわしい紅白のバラのアレンジを頂きました。

 

そして、チームメンバーからは、「10」のポーズの写真と共に
嬉しいメッセージを頂きました。

「ヒルズ10周年おめでとうございます!
今まで培ったヒルズの文化・歴史を
もっともっとメンバーとつないでいきましょう!
新しいステージへこれからも宜しくお願いします♪」




この言葉通り、皆で築いた歴史を培っていきたいと思います。
又、この日の事を、わくわくプロジェクトの森廣さん
早速可愛くコラージュにして、化粧コーナーに飾ってくれました。

この日の事を忘れず、開業した思いも忘れずに、過ごしていきます。

患者様からもお祝いの言葉をたくさんかけて頂き、
有難うございました。



['17/3/31]足育
今年も勤務されて1年経った診療メンバー2名DH森口・森廣さん)と
1年先輩のDH中田さんと一緒に、いつもお世話になっている
ニューバランス大阪店へ行ってきました。
ニューバランス大阪店は、3/29にリニューアルオープンされたばかりです。



私たちは足育のために、NB1400を着用して仕事をしています。
日本人の足型に合った、幅が広く、足指を広げて
足育
ができる靴であるための選択をしています。

今までアナログだった足の測定がデジタル化され、
瞬時に自分の足の左右のサイズ、足幅が分かります。



その後、実際に着用して、プロフェッショナルなスタッフの方が
ぴったりフィットさせて下さいます。



初めて着用した2人も、そのフィット感に驚いて
この笑顔になっていました。
1日中履いている靴選び、大切ですね。



そして、靴を買って、1年経過していた中田DHは
インソールを選んでもらって、新調していました。

インソールを変えるだけで、フィット感がUPします。
私も定期的にインソールを交換しています。

リニューアル記念で先着順で頂けるピンバッチを
プレゼントして頂けました。

今日、お店に行った4名には、制服の胸にピンバッチを
付けているのでcheckしてみて下さい。

みなさんも、是非、足育、始めてみませんか?
['17/3/26]0才から始めよう!不正咬合の予防
昨年も参加した子どもの咬合を考える会の特別講演に
DH3名と一緒に参加しました。
午前10時~午後17時まで、しっかりと学んできました。



テーマは、0才からはじめよう!不正咬合の予防です。
乳幼児からのお口の発達を学べる、貴重な機会です。
講師は、朝日大学副学長 歯学部教授の田村康夫先生でした。

実は、歯並び・咬み合せと、0才からのお口の形や機能
つながっています。

田村先生から、乳児期の成長による、お口の解剖学的変化から
おっぱいを吸う・飲み込む機能の発達と
かむ機能の発達と、歯並び・咬み合せの成長や変化について
長年の研究データをもとに、お話して下さいました。



又、会員発表や、「0歳からの不正咬合予防にどうかかわるか」
シンポジウムも行われました。



昨年の特別講演の後、院内で
知識を集めてポスターにした
不正咬合を予防する子育ち10ヶ条
再度発信していきます。
['17/3/4]素敵なプレゼント
滋賀県で開業されているかがやき歯科クリニックさんが
見学に来て下さいました。

院長の浅野先生とは、開業前からの旧知の仲です。

今回久しぶりに再会しました。
受付スマイルクリエーター長谷川さんと
保育士さんと一緒に来られました。

食育・息育にも取り組まれており
保育サービスをされていたり
管理栄養士さんによる離乳食教室も行われていたりと
取り組みや歴史が似ていて、とても刺激になりました。

今後、、マタニティ歯科・乳幼児の歯科にも
取り組まれるそうです

お昼休みに色々とお話させて頂きましたが
話は尽きず、あっという間に時間が流れました。

そんな素敵な、かがやき歯科クリニックさんから、
素敵なプレゼントを頂きました。



大きな歯の模型と、大きな歯ブラシです。

歯の模型を頂いたのは初めてです。
とても驚きました。

私も歯の模型はいつも保健指導で使用しているので
持っているのですが
これをキッズルームのおもちゃとして
使う発想はありませんでした。

先生の子どもの好奇心をかきたてる
アイディア力
が素晴らしいと感じています。

きっと診療や経営においても
奇想天外な発想をお持ちなのでしょう。

近々私たちも、かがやき歯科クリニックさんに
見学に行かせていただこうと考えています。

早速キッズルームに、歯の模型と歯ブラシを置いたところ
子どもたちに大人気でした。

「何これ大きな歯ブラシ」
「お母さん見て、大きな歯がある」
等の声が
診療室にまで聞こえてきました。

是非、新しい歯の模型で遊びにいらして下さいね。
['17/2/17]禁煙支援
今年のDH・私の個人・そして医院の目標に、禁煙支援があります。

タバコが体に良くないことを知らない方の方が少ないでしょうし
昨年からアンケートを取ってみると、「タバコをやめたい」
思っておられる方が、多くいらっしゃいます。

「やめたいけど、やめられない」、「やめれるものならやめたい」
というお声を、診療室でよく耳にします。

もちろん、お口の健康においても、タバコは悪影響が多くあります。

ヤニが付くだけでなく、歯ぐきへの酸素の供給が低下し、
歯周病の大きなリスクになるほか、ドライマウスによる、
むし歯リスクの上昇歯を抜いた後の治りが悪くなるなどです。

禁煙には心理的なサポートも有効とのデータがあり
私たちは、その役割が果たせたらと考えています。

そこで最近、DHメンバーが作成してくれたのが
「禁煙をお考えのあなたへ」のポスターです。


(画像をクリックすると拡大します)

「最近iQOSに変えたんですよ」と、体に良いタバコとして
大人気の商品のことを話される方が昨年から増えています。

タールを含まず、ヤニは付きませんが、パイプタバコに属し、
ニコチン依存症になることは、タバコと変わりありません。
身体に悪いタバコであることは同じです。

ポスターでは、ブリンクマン指数 1日の喫煙本数×喫煙年数
紹介しています。200以上が、喫煙治療で保険適応になる条件の1つだそうです。
1日20本吸われる方なら、10年間で達してしまいます。

妊娠、お子様が誕生されるタイミングなどで、
10年未満で禁煙されることを強く願います。

今年は禁煙の情報も沢山発信していきたいと思います。
['17/2/14]バレンタインフェスタ
今年のバレンタインフェスタは、大人と子供でプレゼントが異なりました。
企画してくれたのは、密山さんDH森廣さん

大人の方には、チョコレートではなく、check up gelのミニサイズ。
ウルトラフロス歯科専売キシリトールガムの3点setでした。

check up geというのは、フッ素のgelです。歯磨剤でハミガキし、
うがいをした後に、トリートメントのように、歯に塗り、
そのまま30分飲食しないで頂く、歯の美容液のようなものです。



歯科医院で塗るものと比べ、濃度は1/10と低くなりますが
毎日塗ることで、歯の質を強く保てます。

ウルトラフロスはY字型の糸ようじです。
フロス・糸ようじを使っていないという方は、まだまだ多く、
初めて使われる方には特に適した商品です。

中田DHはプレゼントするフロスを使って、
フロスの使い方を指導するという熱心さでした。

これを機会にフロス・糸ようじなどの補助器具や、
フッ素を毎日のケアに取り入れて頂けたら嬉しいです。

私たちの熱い愛は皆さんに届いたでしょか?
['17/2/8]チームメンバーの声
今月より、チームメンバーのブログ
コラムの形式に変更になりました。

密山さんが、昨年よりコツコツ進めて下さり、
今回リニューアルしました。

もちろん、開業時から10年近く書いてきた
チームメンバーのブログも
見れるようになっていますのでご安心ください。

毎日更新を目指して、頑張ってくれているので、
読んで頂けたら嬉しいです。

毎日同じような日々を送っているようで、
毎日小さなことではありますが、色々な変化があります。

小さな変化にも敏感に、気づき力高く
日々を皆と過ごしていきたいと思います。

['17/2/7]カムカムクラブ卒業おめでとう
毎年、年が明けるとカムカムクラブは卒業シーズンを迎えます。
カムカムクラブは、0~12歳までのお友達が入会できます。
小学校卒業と同時に、大人と同じウェルカムクラブへと
大人の階段を昇ります(笑)

3カ月に1度の定期健診なので、次回中学生になっているお友達には、
卒業証書とお祝いの品をお渡ししています。

このたび10周年を機に、お祝いをリニューアル
フッ素ジェル、フロス、キシリトールガムの3点セットです。



せっかく長年、カムカムクラブに通ってくれたので、
ベーシックな歯ブラシ・歯磨剤だけでなく、
補助的なグッズも使って今後もホームケアとプロケアで
お口の健康を守り続けてほしいです。

中高生になると、自分でおやつを買ったり
部活などで通院が難しくなる子も多くいます。

長期休み(夏休み、冬休み、春休み)を利用して
来て下さる子も多いです。

一番の予防は「途切れることなく歯科に通うこと」。
卒業しても、ご来院お待ちしています。
['17/1/15]よしだ歯科
大学、部活、元の勤務先と公私共に、長期間親しくさせて頂いている
吉田真一郎先生の、箕面市 よしだ歯科の増築リニューアルの内覧会
チームメンバーと一緒に行ってきました。



今回のリニューアルでは2F部分に沖縄リッツカールトンの
クラブフロア
をイメージして、予防フロアをオープンされました。
天井が高く、琉球ガラスのステンドグラスで海と空が表現され、
リゾートホテルのような、リラックスできる上質空間でした。

 

診療スペースは個室で1部屋ごとにwine、blue、green room 等
ネーミングされていました。

この日はたまたま10年に1度と言われる程の大雪の日
箕面はバスも運休する程の吹雪でした。

しかし、よしだ歯科のスタッフの皆様の底抜けの明るさ、
元気良さ、笑顔
と、愛いっぱいのよしだ先生のおかげで、
温かい雰囲気に満ち溢れていました。

 

困り事の無い方が、予防のために通うのに最適なフロアになっていました。
ますます、予防のために歯科に通うのが定着することと思います。

同じ志で、私たちも予防歯科を広めていきます。
['17/1/11]2017年スタート
1/5より今年も全員元気に診療しています。
今年4月で10周年。
新たなステージに向けて発進中です。

私たちは、毎年お正月休みに年間行動目標を立てています。
もうこの用紙を書き始めて10年以上になります。

1年を振り返り、少しずつ毎年変化を加えながら、
目標達成のための奉仕活動、目標達成により得られる利益、
行動分析と具体的行動目標を立てていきます。

私はプライベートでも年間目標を立てています。
アナログですが、目標として紙に書いたものしか実現しない
という持論があります。

チームメンバー皆も目標を叶えて
豊かな1年にしてほしいと思っています。

私の2017年具体的行動目標
1.Drの育成
2.Drの採用
3.DHの育成 佐々木先生と協力して
4.予防ベースの歯科医院確立へ(DH枠を7枠に)
5.位相差顕微鏡の導入
6.チームメンバーと一緒にセミナー受講
7.10周年記念イベントを行う
8.幹部メンバーを育てる
9.禁煙支援のシステムを作る
10.新しいメニューを作る
11.2校のDH学校の実習の充実
12.グループ医院・院外の方との交流
13.実践事例を実践する
14.息育・足育・食育を形にする みそ汁の日実施
15.自分自身のテクニカルスキルUP
16.月一冊以上本を読む→具体的に実践する
17.ジム・トレーニングの励行(週1~)
18.滅菌技士の有資格者を置く(滅菌レベルの向上)
19.中高生のリコール強化
20.スタッフ満足のための試みを考える(簡潔なもので)

10年間で成功へ導く決意表明、
成功へのセルフトーク
も変化してきました。

「自分たちにしかできない医院作り」
「ヒルズは永遠に未完成」
「石の上にも30年」
「人の上に立つ天使になる」

です。

この1年間も佳い年になるよう努めていきます。
どうぞ宜しくお願い致します。
ページの先頭へ
アクセス診療時間 上本町ヒルズ歯科への思い 診療方針 クリニックの5つのこだわり 7つの診療スタイル
ウエルカムクラブ カムカムクラブ スマイルクラブ ハイハイクラブ メッセージ from Dr.ナガイ
Copyright (C) 2007. Uehonmachi Hills DC. All Rights Reserved.
上本町ヒルズ歯科クリニック
大阪府大阪市天王寺区の歯医者、歯科医院、上本町ヒルズ歯科クリニック
<大阪赤十字病院西隣、ウェルライフ上本町2F>
〒543-0027 大阪府大阪市天王寺区筆ヶ崎町5-52-201
TEL 06-6774-4182
一般、小児、矯正、インプラント、審美、衛生士求人には、
大阪赤十字病院の患者様をはじめ、大阪市天王寺区、中央区、生野区、東成区、
阿倍野区、浪速区、東大阪市、奈良市から患者様が来院されています
website produced by eje inc.