トップページ リンク集 サイトマップ
アクセス 無料メール相談 メルマガ登録
上本町ヒルズ歯科クリニック
上本町ヒルズ歯科について
アクセス&診療時間
上本町ヒルズ歯科への思い
診療方針
クリニックの5つのこだわり
7つの診療スタイル
尊敬するチームメンバー紹介
愛するチームメンバー募集
アワクレド(私たちの文化)
Q&A
診療のご案内
スマイルクラブ(歯ならび矯正)
インプラント
ホワイトニング
プライスリスト
上本町口腔ケアセンター
他科との連携
イベント・予防クラブ
上本町予防サロン ウエルカムクラブ
子どもの歯を守る カムカムクラブ
マイナス1歳からのハイハイクラブ
親子でむし歯予防 マザースクール
メッセージ集
上本町ヒルズ歯科を支えてくれる多くの人達の声
あなた様へのメッセージfromDr.ナガイ
チームメンバーのブログ

メッセージ集
あなた様へのメッセージ from Dr.ナガイ

上本町ヒルズ歯科はデンターネットに参加しています。
「上本町ヒルズ歯科クリニック素敵だな~、行ってみたいな」
思って頂いている方は、
ココからデンターネットに行って、
「上本町ヒルズ歯科クリニック」
「HP」というボタンをクリックして下さい。
投稿も募集中です。
Dr.ナガイのコラム バックナンバー一覧
Dr.ナガイのコラム
['16/12/28]2016年仕事納め
今年も無事、支えて下さる多くの方々(仲間、業者の方々、
来院者の皆様)のお蔭で、この日を迎えることが出来ました。
本当に有難うございました。

今年ほど、仲間の有難さ、支えてくれる方々の大きさ
実感した年はありません。

今年のヒルズのトピックは以下の3つです。

TCを取り入れ、千本さん平松さんによる2ndカウンセリング
システム化したこと

・笈田さん・三木主任結婚、西辻さん出産と、お祝いごとが続き
育児・家事と仕事を両立するスタッフが誕生したこと

・DH業務5名(来春からは7名)となり
理想とする予防ベースの歯科に更に近づけたこと

来年は10周年を迎えます。
10年前には想像していなかった
自分たちらしい医院になってきたと思います。

10年、20年と積み重ねていくことで、更に他にはない
自分たちらしさを出していけたらと思います。

2017年も宜しくお願い致します。

['16/12/16]DH研修
夏から予定していた、フリーランスのDH
佐々木先生
をお迎えしてのDH研修が始まりました。





私たちの医院には、常勤でDHが5名勤務しています。
来院者の半分以上が衛生士によるメンテナンスや
歯周病の初期治療
の方です。

来春には更に2名の常勤DHがチームメンバーに加わります。
益々多くの方に豊かなライフスタイルを歩んで頂くためのDHの増員です。

私たちの医院で働くDHは、皆、予防業務が大好き
それに1番のやりがいを感じています。

そんなDHのテクニカルスキルのアップ、
ヒューマンスキルのアップ
のため、今回
フリーランスの先生に来て頂く事にしました。

まずは来年の12月まで1年間トレーニングを行います。
テストやレポートといった、学生のような課題もありますが
皆もモチベーション高く、取り組んでいます。

又、何より、DH皆の成長をDH以外の
チームメンバー皆も心より応援しています。
1年後のj彼女たちの成長が、今から楽しみでなりません。
['16/12/4]歯科医院開業セミナー
学生時代からの親友である、箕面市で開業
医療法人スマイル会よしだ歯科 理事長 吉田真一郎先生
講演が聴きたくて、開業セミナーに参加しました。

 



このセミナーでは、古野会計事務所さんとのコラボセミナーで
開業シュミレーションもあり、開業10周年の節目を迎えるにあたり
初心に戻る良い機会になりました。

吉田先生は、開業からの見事なV字回復
10年間を振り返って話して下さいました。

タイトルも「よしだ歯科を開業してホンマに良かった!
~スタッフ全員退職からの復活~」


私も25年以上親友・戦友、心友として
お付き合いさせて頂いているので、リアルタイムで
知っていることも多かったにもかかわらず、
今、人に恵まれて幸せに過ごされているお話が聴けて
感動して涙してしまいました。

院長としてだけでなく、セミナー講師としても素晴らしく
プレゼン力・伝える力・タイムマネジメント
全てが完璧で期待以上でした。

10年毎に、新たなステージへという
恩師寄田先生の教えを遵守して
年始には大きく成長されます。

私たちも来春で開院10周年、
新たなチャレンジをしたいと思っています。

吉田先生は、私が開業しようと決意することに
影響を与えた1人
です。
今後も、良い刺激をし合える仲間で
あり続けれるよう、努力していきます。

吉田先生、充実した1日をありがとうございました。
['16/12/3]忘年会
三木主任ご結婚の祝い、藤原Drの送別会を兼ねて、今年も
ザ・リッツカールトン大阪にて、少し早めの忘年会を開催ました。



クリスマスの季節のリッツカールトンは特別で、一歩足を踏み入れるだけで
至福の空間です。これを、新人メンバーと共有したくて、そして、10年以上、
数々の思い出をこのリッツカールトンで共有した三木さんをお祝いしたくて、
この場を選択しました。

今回の幹事は、三木主任と共に主任をして下さっている、平松主任と笈田DH



それぞれに役割を分担して、ヒルズらしい忘年会・送別会となりました。

今回のドレスコード自分のベストコーデ
新人、森口DHの乾杯でパーティーの始まりです。



ベストコーデ賞は原田DHでしょう。特に表彰などはありませんが、
リッツに相応しい完璧なLady styleでとてもエレガントでした。



どんな時も、どんなことも、全力で楽しみ、笑顔あふれる原田さん
とても魅力的で、尊敬しています。

1人1人に、クリスマスカードが贈られました。

 

表紙は今年のヒルズメンバーの集合写真クリスマスバージョン
中を開くと、今年一番のベストショット(1人1人異なります)

そして、あみだくじで決まった、
パートナーからの表彰(賞は1人1人オリジナルです)

私は、緋田さんからで、「みんなに愛される鬼で賞」でした(笑)



更に、枠いっぱいのメッセージと、似顔絵、好きなところベスト3
充実した内容が盛り沢山の、世界に一つだけのカードでした。

私の好きなところベスト3(緋田さんによる)は
仕事に燃えている
おもしろい
適度に適当
(笑)

こんなことも言い合える関係であることが、嬉しいです。

皆が受賞した賞は
笈田さん 『ヒルズNo.1☆彡happy happy wedding賞』(中本さんより)
古川先生 『上本町ヒルズベストシンガー賞』(中田さんより)
三木さん 『寿退社で賞』(原田さんより)
院長 『皆に愛される鬼で賞』(緋田さんより)
森口さん 『ヒルズNo.1 芯が強くて、常に優しさが溢れているで賞』(千本さんより)
緋田さん 『HAPPY力No.1で賞』(酒井さんより)
角野さん 『ご結婚されて、今後もますます輝くで賞』(坂井さんより)
坂井さん 『めいっぱい成長したで賞』(笈田さんより)
平松さん 『患者様の気持ちに親身に寄り添われているで賞』(古川先生より)
中田さん 『ヒルズ総選挙 第一位で賞』(三木さんより)
西辻さん 『ヒルズの三代目で賞』(院長より)
原田さん 『人はあなたを聖人と呼ぶで賞』(理事長より)
藤原先生 『昼休みのスタッフルームでツッコミ担当頑張ったで賞』(密山さんより) 
理事長 『ヒルズファミリーの父で賞』(角野さんより) 
森廣さん 『愛の狩人で賞』(藤原先生より)
千本さん 『ありがとうございます賞』(森口さんより)
中本さん 『素晴らしい先輩DHで賞』(森廣さんより)
酒井さん 『大人の魅力が増してドキドキするでしょう』(平松さんより)
密山さん 『こっそり努力家で賞』(西辻さんより)

全員がプレゼンターであり、受賞者である素晴らしい企画でした。
幹事の2人、本当に有難うございました。

そして、結婚された三木主任と、退職される藤原Drへの
お祝いと記念品が贈られました。

 

三木主任は遠くに引越しされますが
片道2時間近くかけて、非常勤で通ってこられます。

藤原Drは、地元神奈川へ帰られます。
ゆかりのない関西にあるヒルズの就職されることは、
冒険だったと仰っていました。

「人生はアドベンチャー」
これからも、色々な経験を重ねていってもらいたいですし
私もそんな人生を楽しみたいと思います。
['16/12/1]Hills Kitchen vol.4
密山さんのアイデア満載の、Hills Kitchen vol.4は、くるくるいなり巻


(画像をクリックすると拡大します。)

いなりずしを簡単にした、斬新なメニューです。
ご飯に混ぜる具は、密山さんのお母様が自宅でよく作られている
密山家のおふくろの味です。

私も早速作ってみました。
ゴマ油が効いていて、いなり巻の具としてだけでなく、
白ごはんもススムご飯のおともに最適です。

お弁当にも使えますよ。
是非、皆さんもお試し下さい。
['16/11/30]ゆめはんな歯科クリニック登美ケ丘で勉強会
ゆめはんな歯科クリニック登美ケ丘に勤務されている
小児歯科出身の賀屋Drによる勉強会が、お昼休みに行われていました。



今回のテーマは、「おしゃぶりと指しゃぶり」。

エビデンスに基づくデータと、お子様と保護者の気持ちを大切に支援されている
温かい実際の臨床のお話両方が聴けて良かったです。

結論としては、おしゃぶりは1才6ヶ月には卒業しよう
おしゃぶりの先をハサミでカットしてみよう
指しゃぶりは3才を目安に卒業しよう


子どもと保護者に寄り添った卒業を支援しようとなりました
院内でシェアして、共通の指導を行っていきます。
['16/11/30]子育て支援センターきらきらで歯育て教室
大阪市の子育て支援センターきらきらにて、歯育て教室を開催しました。
定員は親子15組のところ、キャンセル待ちが出るほど、
人気を集める教室となり、とても有難かったです。



1才半後の、授乳もしているし、いろいろなものを食べる時期で
むし歯が心配だけど、ハミガキを嫌がる年代のお子様たちが集まって下さいました。

いつものように、歯の基本的な知識と、クイズ形式でむし歯予防
1時間でお伝えしました。質問をたくさんして下さったり、聖バルナバ病院や
院内でお話を聴かれているリピーターの方も多く、とても関心を持って下さり、
嬉しかったです。

年1回の恒例行事として続けていきたいです。

 ~参加して下さった皆様の感想~

とても勉強になりました。
今後の生活に色々学べました

むし歯になりやすい所は目からうろこでした。
非常に勉強になりました。

役に立ちました。

分かりやすかったです。
自分の口の中を良い状態に保つため
キシリトールを取り入れてみようと思いました。

知りたかったことを知れてよかったです。

勉強になりました。

初めてのことばかりで、とても役に立ちました。
気をつけることは、沢山ありますが頑張ります。
お菓子のあげすぎに気をつけます。

大変ためになりました。
食生活も気をつけていきたいです。

わかりやすく教えて頂き、良かったです。
完璧には無理でも気をつける要点を聴けて良かったです。

歯についての知識があまりなかったので
いろいろ知れてよかったです。

前歯(下)が2本生えており、本格的にケアしていくために
早めにお話が聴けて良かったです。
おしゃぶりが大好きなので、3才くらいまで
使っててOKと聞き安心しました。

歯のこと、気になっていたので勉強になりました。

歯に関する話は初めて聞きましたが、大変為になりました。
普段疑問に思っていたことが、解決でき、
とてもありがたかったです。

['16/11/27]PASSION参加
岡山で行われているフリーランスDH丸尾先生主催の
PASSION例会に中本DH、森廣DHと一緒に参加させて頂きました。



PASSION例会は今年で6回目の開催で
リピート率61%と驚異的なリピート率です。

通常のセミナーと異なり、自発的に学ぶ方に集まってもらいたい
という思いから、参加型でグループディスカッションがとても多いです。

今回のプログラム、以下の通りです。

①岡山県 わたなべ歯科クリニック 廣山雅子さんより
「ともに豊かな未来へ~輝く笑顔をここからつくる~」

②北海道 竹田歯科クリニック 牧島真美さんより
「はじめよう!歯科医院から発信する禁煙支援」

③PASSION代表 丸尾 操先生より
「歯周治療における歯科衛生士の自立と歯科医師との連携を考える」

④大阪府 カツベ歯科クリニック 末田志保美さんより
「カツベ歯科での協働~3年目の私にできる事~」

⑤大阪府 カツベ歯科クリニック 院長 勝部義明先生
「医院変革~動けば変わる!!~」

⑥大阪府 カツベ歯科クリニック 歯科技工士 石田明先生より
「歯科技工士の作成と概念」

私は、初めてにもかかわらず、グループリーダーをさせて頂きました。
同じグループだった方は松山から1人で参加されているDHさん、
地元岡山のDHさん2人、技工士としてのキャリアがありながら、
DH学校に通われている男性の方、訪問歯科を中心に活躍され、
PASSIONの運営のお手伝いもされているベテランDHさんと、
多様性のあるグループでした。

廣山DHのプレゼンでは、コーチング、クレド、ストレングスファインダー
活用して、共に豊かな未来を歩む、チーム作りのお話が聴けました。

一番楽しみにしていた牧島DHの禁煙支援のお話では、
日本の喫煙率(20%)や、そのうちの多くの方が禁煙したいと思って
いるにもかかわらず、禁煙外来に行く人は3%しかいないことを知りました。

又、禁煙できても、継続できている方は約半数と、とてもハードルが高く、
禁煙支援後の心理的サポートの重要性を知りました。

今後、私たちも、医院全体で禁煙支援に取り組みます。

丸尾先生のケースプレゼンテーションは、素晴らしいものでした。
又、DH自身が自ら考えるDHになることの大切さを説かれていました。

DH専門学校の教育は、今と数年前とは異なるとのことだったので、
年代によって、DHの指導法を考えるきっかけも頂きました。

技工士の石田さんからは、普段なかなか聞けない石膏流しの秘訣や、
シェードテイキングのコツといった、すぐに実践できることを教えて頂きました。

早速、院内でシェアして、即実践していきます。
['16/11/26]LASHに参加
来月で三木さんが寿退社されるため、
スマイルクリエーター勉強会LASHへの参加は今回で最後になりました。

私も久しぶりに一緒に参加させて頂きました。





今年のLASHのテーマは「ホテルのフロントのような対応」
5人の発表が行われました。

三木さんの発表は11年間の集大成
これまで、「明るくて、楽しくて、この人と話すと元気になれる」という
スマイルクリエーターを目指してこられたこと、明るく楽しくて、
我が家のように働ける職場作りをしたいと話して下さいました。

どんな贅沢な空間より、やはり我が家が一番くつろげますよね。

「ホテルのフロントのような…」というと、敷居が高いとイメージしがちですが
また来たい・居心地が良い・おかえりなさい
声をかけられる場所と人間にしかできない仕事を追及する上で
スマイルクリエーターは欠かせない職種でです。

人と人との関わりを大切に、時間を過ごしていきたいと思います。
['16/11/24]BD 
2日に渡り、盛大に祝って頂いて出勤すると
更にサプライズが待っていました。

 



皆からのHAPPY BIRTHDAYの文字が。
皆良い笑顔ですね。

私が、11/22に帰宅した後、こっそり準備してくれたみたいです。
その日に限って、なかなか帰宅せず、申し訳なかったです。

朝一番に出勤した私は、1人で幸せをかみしめ、
幸せな朝を過ごすことが出来ました。

人を喜ばせる天才のヒルズメンバーのおかげで、
今日も1日、そして、今年も1年笑顔で過ごせます。

「限りある人生、誰かと時間を過ごすのか」で、
人生が大きく変わると感じる1年の始まりでした。

['16/11/23]ヨリタ歯科クリニック25周年パーティー 
いつもお世話になっているグループ医院の
ヨリタ歯科クリニックの25周年パーティー

5年以上勤務のメンバー3名(笈田DH、三木主任、平松主任)と共に
参加させて頂きました。

 

ヨリタ歯科は、私が卒後3年経った27歳の時に
転職をきっかけに出会った医院です。
当時は開院して9年目の頃で、チェア4台、スタッフ4名の小さな医院でした。

私が勤務させて頂いている間でも、どんどん変化、進化を遂げられ、
予防ベースのワクワク楽しい歯科医院として、
チェア10台の規模にまで生まれ変わりました。

その後、更に成長され、今ではチェア18台、スタッフ52名の
大型医院となり、昨年はホワイト企業大賞にも選出され、
歯科界を越えて日本のある意味トップ企業になられています。

私たちヒルズも、ヨリタ歯科をベースに、
予防歯科・小児歯科
に力を入れています。

更に私たちらしさとして、管理栄養士によるHills Kitchen、
チームメンバーが女性のみ
の和やかな心配り、
年100回講演を続けているマタニティ歯科を特長としています。

それを、ヒルズのメンバーは、パートナー医院のスピーチ
「医院沿革」のコーナーで話してくれました。

パーティーでは、一緒に診療や医院作りを頑張ってきた
仲間と再会して同窓会のように楽しかったです。

 



学生時代だけでなく、社会人になってからも
こんな仲間が持てたこと、とても幸せに思います。

そして、この日は、実は、私とヨリタ歯科クリニックの岩橋DHの誕生日。
サプライズでヨリタ歯科25周年と共にお祝いして頂きました。

大好きな仲間からの祝福が何よりのプレゼントでした。



ヒルズも来春10周年を迎えます。
これからも、ヨリタ歯科を目標に常に進化します。
['16/11/22]誕生日を祝って頂きました 
私事で恥ずかしいのですが、今年もチームメンバーに
誕生日を祝って頂きました。私がこの数年はまっている
山グッズと、皆からのメッセージ集。(実は毎年これが一嬉しいのです。)



そして、なんと、私の大切なヒルズのパートナーDrである平山Dr
サプライズゲストで登場して下さいました。



平山Drは昨春退職され、とても忙しくされているので、本当に驚きました。
お昼休み中、平山Drと仕事の事を語り合いましたが
全く時間が足りませんでした。



そして、有休でお休み中の坂井さんもわざわざ時間を合わせて
来て下さったり、ディーラーさんからプレゼントを頂いたりと
サプライズの嵐でした。



本当に幸せ者です。職場で毎年盛大に祝ってもらえるので
私の家族も喜んでいます。このサプライズパーティーの事を
一足早くFBページに密山さんがアップして下さっていました。

そこには、「これからも、皆から愛される院長でいてくださいね!」という
嬉しいメッセージがありました。

愛される院長」それは、No.1宣言で掲げている、私が目標としていることです。

まだまだ至らないことが多いですが、密山さんからのメッセージ、
とても嬉しく受け取りました。

今後も「愛される院長」は私の大切な目標です。
['16/11/18]西辻さん復帰 
育休中の西辻さんが、8ヶ月ぶりに出勤して下さいました。
1日だけの期間限定の出勤です。

 

三木主任が12月で退職!?されるため、最後に一緒に
お仕事をしたい
という想いから、お子様を預けて出勤してくれました。

8カ月のブランクを感じさせないスムーズなお仕事ぶり
三木さんとの連携も完璧だったとスマクリメンバーから聞きました。

さすが、チームメンバーの絆は深いですね。
今回は1日限定の出勤でしたが、春からは復帰予定です。

西辻さんの笑顔が、受付に戻ってきますよ。そんな報告が聴けて、
皆も私もとても安心しました。今から春が待ち遠しいです。
['16/11/16]健プロ勉強会POSH 
年4回行われている健康プロモーター勉強会POSH
久しぶりに一緒に受講できました。



今回のメニューは

1.ヨリタ歯科クリニックのスマイルクリエーターであり
薬学部の大学院でハイドロキシアパタイト(骨や歯の成分)の
研究
をされていた森本さんのプレゼン

2.ヒルズメンバー3名の3つの強みのプレゼン

3.歯のスケッチ

でした。

森本さんのプレゼンでは、普段当たり前に使っている
薬の知識が特に勉強になりました。

薬学部で始めに習うのが「クスリはリスク」
何でも効く万能魔法ではない。自己判断せず
医師・薬剤師の支持を仰ぐことが大切ということでした。
ジェネリック医薬品や、錠剤と粉薬の違いなども知れました。

ヒルズメンバーの発表では、3つの強み

1.ヒルズの強み

2.院長の強み

3.自分の強み


の、プレゼンでした。

皆、共通して、ヒルズの強みは「チームメンバー
マタニティ歯科・小児歯科」「食育(ヒルズキッチン)・息育・足育
メンバーがすべて女性」を挙げていました。

皆が同じ思いで、働けていることが嬉しかったですし
それこそが強みのチームワークだと思います。

院長の強みには、「コミュニケーション力」「チームメンバーへの強い思い
仕事への熱い思い」を挙げてくれて、私のモチベーションを上げてくれました。

自分の強みとして、密山さんは、勉強好き
今年50冊以上本を読まれていることや、セミナーに行って
新しい知識を得ることが、楽しみであると話されていました。

平松主任は、さすが5年勤続、銀バッチを持っているメンバーです。
受講されたセミナーを紹介したり、後輩メンバーや私が
学びの時間になるような、聴き手を意識したプレゼンでした。

その後、上下の奥歯と犬歯のスケッチを行いました。
私は大学3年生の時に習って以来、20年以上ぶりで
懐かしくもあり、又、多くの事を学生時代に学んだことを
改めて感じました。

帰宅して、20年前に歯の解剖学をまとめたノートを見返しました。
真っ赤なノートに、赤い下敷きを重ねて、暗記していたことを思い出します。



具体的な夢はありませんでしたが、この頃からずっと
歯科医になるためにコツコツ学ばせて頂いたんだなと
大学で教えて頂いたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

その時間を無駄にしないように、これからも学んでいきたいと思います。

久しぶりに参加したPOSHは私にも多くの気づきがありました。
['16/11/7]今週のお花 坂井さん編 
開業以来お世話になっているお花屋さんPiantaさんが
しばらくお休みされているため、スマイルクリエーターの坂井さんが
今週のお花を用意してくれました。



スマイルクリエーターの勉強会LASHで、昨年1年間学んだ
フラワーアレンジメント
のスキルを生かして、坂井さんらしい
心あたたまる、かわいいお花を生けて下さいました。

さすがおもてなしのプロのスマクリさんですね。
お花があると、来院者の方と話が弾む機会になったり、働く私たちも
とても癒されます。しばらく、スマクリメンバーがお花を活けます。
いつもと違う受付からのレターに注目して下さいね。
['16/11/6]就活フェス 
DH中本さん・中田さん、管理栄養士密山さんと、4人で、就活フェスにて
プレゼンテーションと、面談をさせて頂きました。

ブースは、主にDH中田さんと密山さんが、作ってくれたパネルで
私たちらしく彩られ、入社してからの一年間
が分かりやすく表現されていました。

  

 





又、ブースまで面談に来て下さった10人には、マタニティ歯科の資料と
聖バルナバ病院mei's kitchenの手作りクッキー
をプレゼントさせて頂きました。



就活フェスには、関西の有名な優良歯科医院が勢揃いで、プレゼンを
聴かせて頂いたり、お話させて頂く事で、私たち自身も非常に学びのある
充実した1日となりました。

ヒルズに6年勤務後、ご兄弟で歯科を経営されている平山Drとも再会できました。



既に来春2名のDHを採用して、更に充実した診療が行える予定です。
益々、予防歯科を充実させ、豊かな毎日を提案したいと思います。
['16/10/28]私の目指す歯科衛生士 
日本歯科学院から、今来られている実習生2人は、歯科医院での
アルバイト経験もなく、初めての実習で、歯科の臨床を経験されています。

学校で習ったことを、実際に初めて見て理解が深まったり
臨床のスピードについていくのが必死だったり、初めてのことばかりで、
パニックになりながらも、1ヵ月間で見違えるように成長されました。

そんな2人の、私の目指す歯科衛生士(将来の夢)の課題レポートが
素晴らしかったので、紹介させて下さい。

私はこの発表を聞いて、涙が止まらなくなってしまいました。

初心を忘れず、このまますくすく成長されれば、間違いなく
夢を叶えられることと思います。

 私の目指す歯科衛生士(将来の夢)

私が目指す歯科衛生士は、患者様の笑顔を多く引き出せる、
また、食べ物をより美味しく、長い年月が経っても食べられるよう
親身になって、その手助けができる歯科衛生士になりたいです。
歯の健康を守るには予防が一番大切だと思うので、予防に力を
入れている医院に就職し、1人1人の患者様の健康を長く見守りたいです。
また、「あの人でいいや」と言われる人ではなく「あの人が良い」と
信頼される
衛生士になりたいです。そのためには、まだまだ経験も
知識も足りません。これからも実習が続くので、その中で豊かな知識
身につけて、私の理想の歯科衛生士像に少しでも近づけるよう
準備をしていきたいと思います。患者様に「ここに来て良かった」
思って頂けるには、最初からは、そうはいかないと思います。
実際に衛生士として現場で働き、患者様の小さな変化も
見逃さない
くらいになれるように、よくコミュニケーションを取り、まずは
患者様のことを知る事から入ります。どんな話でも親身に聞き、
安心して頂けるよう努め、そのうえで、口腔内の状態も
向上させることが出来るようにしたいです。これが、私の理想の
衛生士像ですが、この様になるには、時間がかかると思います。
ですが、くじけずに、自分の目標を思い出しながら、日々勉強
していきたいと思います。ヒルズでの実習も、あと残りわずかですが
精一杯学びたいと思います。


私の将来の夢は、仕事がテキパキと出来て、医院や患者様から
信頼される、必要とされる、歯科衛生士になりたいです。そのためには、
毎日の臨床実習で沢山の事を学び、頑張らないといけないなと思います。
将来でどこかに入社して、同僚に負けないくらい知識と技術
備えておきたいです。そして、ここまで成長させて下さった皆様のように、
私に後輩が出来たら、後輩の育成も頑張りたいと思いました。また、
ここまで育ててくれた親に恩返しをしたいです。私の家族はDisneyが
好き
なので、初めて頂いたお給料でサプライズとして、一緒に行くのが
です。そして、おばあちゃん、おじいちゃんには、美味しいご飯を
食べに連れて行きたい
です。


['16/10/20]就職説明会 
夜間部の実習先にもなっている、新大阪歯科衛生士専門学校
就職説明会にて、中本DHリーダーと一緒にプレゼンテーションをさせて頂きました。

私から、医院の概要を10分、中本DHリーダーからはDHの研修プログラム
8人のDHの紹介等を5分と言う短い時間ではありましたが、
ヒルズの魅力がいっぱいにつまった15分間でした。

この日のために、DHの皆が意見を出してくれました。
特に中田DHと密山さんは、思いの詰まった配布資料を作製して、
準備を万全に整えて下さったので自信をもってプレゼンに臨めました。



来月は、クオキャリアpresentsDH就活フェスに参加します。
私たちの思いの通じるDHに出会えますように。
['16/10/18]キッズルームプチリニューアル 
もうすぐ10周年を迎えるにあたり、キッズルームをプチリニューアルしました。
もう既ににお気づきの方もおられるかもしれませんが、
キッズルームの窓にかかっているロールカーテンが新しくなりました。

大空に色とりどりの気球が沢山描かれていて、見ているだけで
ワクワク楽しくなるような空間に変身しました。
保育士の緋田さんも嬉しくて空を飛んでいます(笑)



キッズルームは、楽しくて、帰りたくないと泣く子もいるほどの人気です。
是非、キッズルームに遊びにいらして下さい。
['16/10/18]酒井DH復帰 
昨年3月に結婚され、松阪へ引越しされたため、退職されたあの酒井DHが、
このたび、ご主人の転勤に伴い、ヒルズに復帰されました



火・木 9:30~17:00 の、出勤です。

酒井DHはTBIが特に得意で、コミュニケーション力も高く
6年間、多くの患者様に愛される存在でした。

その酒井DHの復帰と10月生まれの3人のBDをお祝いする
カナッペパーティーがお昼休みに開かれました。

 

ワクワクプロジェクト主催で、1人1種ずつ、トッピングの具材を持ち寄りました。

チーズ、生ハム、生クリーム、フルーツ、卵ツナサラダ、栗ようかん、
アイスクリーム、レバーパテ、オリーブ、アボカドのディップ等、様々でした。

私は、サーモン担当で、緋田さんの地元のお土産の
バージンオリーブオイル
を使ってサーモンのタルタルを持参しました。

、密山さんと森廣さん作の、ヨーグルトアートのプレート
お誕生日と復帰をお祝いしました。

 

皆で食事を囲むと、いつもより、ついつい美味しくて沢山食べてしまいました。

ワクワクプロジェクトの皆、楽しい企画をいつも有難う。
['16/10/2]CAMBRAセミナー受講 
CAMBRAとは、サンフランシスコにあるカリフォルニア大学
カリフォルニア歯科医師会が共同開発した、むし歯リスクの評価方法です。

むし歯発生リスク別にすすめられる処置を
わかりやすくシステム化
したものです。



数年前より、アメリカでメジャーになっていることを聞いており
今回、初めての大阪でのセミナーだったので、楽しみにしていました。

日本にまだ3名しかおられないCAMBRAの公認インストラクターでおられる
麻生歯科クリニック院長 麻生幸男先生による講演でした。

まず、臨床で取り入れたいと思ったものは
6歳以上に用いられる、むし歯リスク評価フォームでした。
その一部をご紹介します。

リスク因子
3年以内に虫歯治療を受けた
1日に3回以上に間食
唾液が少ない
・矯正器具をつけている

防御因子
1日に2回以上のフッ素入り歯磨き粉の使用
・歯科医院で6カ月以内にフッ素塗布
キシリトールガム1日4個を6か月間

あなたはいくつあてはまりましたか?
私たちの医院では、だ液検査(自費)で詳しく
あなたのリスクを調べることもできます。

自分のリスクを調べてみませんか?

['16/9/30]上田Dr退職 
研修医の頃から、3年間勤務して下さっていた上田Drが退職されました。

 

上田Drha私たちの医院に初めて迎え入れた研修医で
先生がいて下さったからこそ、その後、続けて
3人の研修医の方々を迎えることが出来ました。

上田Drは歯周病の分野に興味があり、卒後1年目より
多くのセミナーに参加され、好きなことを得意分野へと成長されました。

送別会では、幹事の坂井さん・藤原Drがクイズを企画して下さいました。

楽しく、チームワークが学べたり、上田Drとの思い出の残るクイズでした。

クイズ1 上田Drの好きなところ
クイズ2 アワクレドの好きなフレーズ
クイズ3 健康プロモーターの役割とは?


クイズ1は、優しいところ、天然なところ、勉強熱心なところ。

クイズ2答は、私たちはチームワークを重視します
         チームメンバーは尊敬する友人です
         ピンチをチャンスに
、などが挙がりました。

クイズ3では、「KrとDr ・DHの架け橋」となりました。

上田Drは本当に、Krにもスタッフにも優しく、又、勉強好きで、
院内でも様々な勉強会を開いてくださいました。

新人衛生士の教育や実習生の研修も担当して下さり、
人に教えるのも得意でした。

上田Drのこれからのさらなる成長を楽しみにしています。

['16/9/17]朝日新聞に掲載されました 
朝日新聞のbeの9面にある「続・元気のひけつ」
妊娠中の歯のケア」の記事が掲載されました。

 

見出しは「子どものむし歯予防につながる


(クリックすると拡大します)

日本で妊娠中に歯科医受信される方は約10%
残念ながら、これは定期的に歯科でメンテナンスを
受けている方の約半数です。「妊娠したので歯科に行く」より
「妊娠中だから歯科に行くのはやめておこう」となっているのです。

フィンランドではすべての妊婦さんが、歯科検診を受けています
日本をフィンランドのように…との思いから、2005年~、妊婦さんに
年100回マタニティ歯科のお話を続けています。

昨年、大阪大学にも、大学病院では日本で2つ目の
マタニティ歯科外来が設けられました。

私のコメントも記事の最後に少し掲載されています。
是非、ご覧下さい。
['16/9/4 ] 特別講演会
チームメンバー6名と共に、Dental Next Action 特別講演会に行ってきました。



以前から聴きたかった、糖尿病専門医西田亙先生のお話がなんと、
上本町であると知り、すぐに申し込みました。

演者の先生方は、どの方もその分野のプロで、お話もお笑いライブに
来ているような楽しさで、とても実りのあるものでした。



プログラムは、以下の通りです。

①にしだわたる糖尿病内科 院長 西田亙先生より
糖尿病専門医が語るリコール率アップに役立つ医療面接学
~全身を捉える知識が共感と敬意を育む~

②歯科衛生士 土屋和子先生より
得意な患者さんVS苦手な患者さん

③みらいクリニック フットケアセンター長 湯浅慶朗先生より
「足ゆび」からはじめる姿勢へのアプローチ

④大阪大学大学院 歯学研究科長・歯学部長 天野敦雄先生より
くちを守るバイオロジー

⑤メンタリスト DaiGoさんより
患者さんのホンネを知りたいとは思いませんか?Part2



西田Drからは、初めて医療面接学について学びました。
チェアーサイドでの勇気づけ患者とスタッフ双方の心に貯金し、
双方が倖せ
になるための学問と学びました。
言の葉を大切にされており、「倖」の文字も新鮮でした。

又、私たちの分野である口腔感染症が正しく伝わっているか?という
疑問は、午後からの天野教授のお話でも実感しました。
医科と歯科の違い、医科から視る歯科の羨ましさ(帰られる時には、
来た時よりも必ず良くなって帰る
)、糖尿病内科と歯科の共通する
社会病という観点などに気づくことができました。

土屋先生はフリーランスの歯科衛生士のさきがけです。NLPを取り入れて
どんな人にも対応できる、相手が主体となるコミュニケーション法を学びました。

ランチョンセミナーでは、足育の第一人者、湯浅先生の施術
生で拝見できました。「足ゆび」から健康になりたい私たちも、全員、
ひろのばアーチサポーターを購入してしまいました。

メンタリストDaiGoさんからのお話については、チームメンバーの感想
ご一読ください。




DaiGoさんの話では、コミュニケーションを取る中で、口にはしないが、
相手の表情や、行動から読みとるポイントを教わりました。そのためには、
相手をしっかり観察したり、知るということが改めて大切だと感じました。
自己開示というワークで改めて、自分自身を3つの言葉で話をするというのが、
とても面白かったです。自分を知る良い機会になりました。診療プライベートでも
沢山活かせることがあったので、しっかりと実践していきます。参加させて頂き
有難うございました。

「ツァイガルニク効果で相手の記憶に残す」といのが印象的でした。
話をきれいに完了してしまうのではなく、あえて途中のままにしたり、
次回の話をしておくことで、その先が気になり、次につながりやすい
とのことでした。人の関心を向ける手法として、取り入れていきます。
他にも、「次回はいつ頃来て頂けますか?」「キャンセルは前日までに
ご連絡頂けますか?」と相手に聞いて、決めてもらう、という手法が、
なるほどなと感じました。自分で決めることで、意識に残りやすく、
キャンセル率ダウンにつなげることが出来る、とのことなので、
使っていきたいと思います。

朝10時から、夕方4時まで、とても長い講演会でしたが、5人もの多方面の
分野
の講師の先生方のお話で、お1人ずつが、平均一時間くらいの
短い内容のお話でしたので、飽きることなく「もう少し聞きたかったな」と
感じました。テンポよく次々と進行していったので、かえって印象にも残り
楽しかったです。これは、メンタリストのDaiGoさんの言われたテクニックを
全体の構成に応用されたのかしら…、と思いました。

臨床の場で使えそうな心理テクニックが沢山あり、とても興味深かったです。
中でも、バックトラッキングや、相手に決めてもらうことで、実行してもらいやすく
する
ものが、特に面白いと感じました。限られた時間の中で、信頼関係を築いたり、
好意的に感じてもらうためには、心理テクニックも役立つと思います。
今日教えてもらったものは、プライベートでも仕事でも使えるので、
取り入れていきたいです。
 

['16/8/28 ] 開業セミナー

いつもお世話になっているディーラーの、㈱マルミ・㈱ヨシダ主催の
開業セミナーに参加しました。開業して10年近いですが、
&INNOVATION 小柳さんのお話が聴きたくて、参加しました。



小柳さんは、USJに勤務の後、スマイルプラン歯科クリニックグループ
コンシェルジュとして活躍され、今年、&INNOVATIONの取締役に就任されました。

現在は、全国の歯科医院の接遇指導や、内覧会のイベント実施を
手掛けておられます。講演のタイトルにもあった、クリニック作りの
4つの心得
を教えて頂きました。

4つの心得は、
①コンセプトの作り方
②マーケティング
③カウンセリング
④内覧会

①~③は、私たちも、いつも大切にしているものです。
④の内覧会は、来年度改装を予定しているので、興味深いものでした。
お話の中に共感することが多くありました。

①のコンセプトでは、USJでのご経験から、
クルーコンセプト 「Crew is NO.1 Attraction!」

行動指針のBIG4
①チャンスを見つけて行動しよう!
②エネルギー全開で行こう!
③最初の1言を準備しよう!
④どうせやるなら楽しまなくっちゃ!

このコンセプトと行動指針が出来たことで、クルーとの体験が
来場者アンケートで2位にまで上昇したとのことでした。

私もいつも、一番のヒルズの強みは、チームメンバーと言っています。
USJに匹敵するチームメンバーでありたいです。

また、④の内覧会のお話では患者様の心のほっとボタン
「歯科に通った方がいいんだ!
だったらこの歯科にしよう」のお話がありました。

私もいつも、「歯科に通った方がいい」を、多くの人に感じ、
気づいて頂きたいと思っています。内覧会や、情報発信の
啓蒙活動の意義
はまさにこれです。
チームメンバーの皆とシェアして、これからも予防中心の歯科で、
クリニック作りを行っていきます。

['16/8/24] カムカムフェスタ2016 Hills Kitchen
毎年恒例、夏の一大イベント、カムカムフェスタを今年も行いました。



今年のテーマは“Hills Kitchen
昨年から、管理栄養士の密山さんが発信している
「歯育てレシピ」をテーマにイベントを企画してみました。

Hills Kitchenと、キラキラあいうべ体操と、パズル&わなげの3ブース。

Hills Kitchenでは、飲み物について健康学習をした後に、
ご家庭でも作れる経口補水液を一緒に作りました。




普段は、お茶かお水を飲んで、体調の悪い時のみ、
経口補水液を飲むことをお伝えしました。
当たり前の事なのですgあ、美味しい飲料が年々増えているため、
お茶・お水の素晴らしさを伝えると同時に、
経口補水液とスポーツドリンクの違いもお伝えしました。
経口補水液は、、水・ブドウ糖・塩、レモン果汁を混ぜるだけで簡単に作れます。


(クリックすると拡大します)

キラキラあいうべ体操では、ライオンさんの「あ」、おさるさんの「い」、
ペンギンさんの「う」、かえるさんの「べー」
のお口で、
「キラキラ星」の歌に合わせて、皆であいうべ体操を行いました。
これは私たちも毎日朝礼・終礼で行っているものです。
上手にできたお友達にはキラキラ星がプレゼントされました☆



パズル&わなげでは、ジュース等のペットボトルに含まれている砂糖の量
わなげで学んだり、むし歯になりやすいおやつについて、パズルを組み立てて
遊びながら学びました。
1才~小さいお子様も遊べるような工夫を今年はしてみました。




そして、最後に参加者全員集まって、新人メンバーによる劇でしめくくりです。
新人チームで台本も小道具も衣装も考えます。
練習する毎に上達され、1回目より2回目の方が、更に良い内容になっていました。



おみやげは、おうちでつくれる経口補水液のsetでした。
おうちでご家族と一緒に、今日の学習を共有したり、
あいうべ体操をしてもらえたら嬉しいです。

毎年、スタッフが一丸となって、盛り立てて準備して下さる
この企画・実行力に脱帽です。
この風土が続いていきますように。

 ~参加して下さった親子の皆様の感想~

はい!!とても楽しかったです。未だに、なかなか毎日きちんと
歯を磨く事が出来ていないですが、子供たちの成長もありますが、
通院したり何回も歯磨きしてもらっているし、学校でもたまに
歯みがき週間があるので、まだまだかかるかもしれないですが、
歯磨きが当たり前にできるまで、私も我慢強く頑張りたいです。
少しでも永く歯が健康で、1本でも多く残せるように、子どもたち、
主人、自分も含め家族の健康も考えていきたいと思います。
今日はありがとうございました。どうぞ、これからも家族ともども
宜しくお願いします。

今回初めて参加しました。
私が思っている以上に、娘は知っていて驚きました。
あいうべ体操、うちでもやりたいです。
ありがとうございました。

いつもの歯医者さんがお祭りモードに大変身!
ゲームや劇で、むし歯になりやすいことを、わかりやすく
説明して下さって、楽しいひと時でした。
おみやげの「経口補水液セット」は、災害時も役立ちそうなので、
常備しておきたいと思います。ありがとうございました。

楽しい企画、機会を有難うございました。夏のお出かけの際、
沢山ジュースや、いろはすだったら…と、移動中に飲ませて
しまっていました。子どもにも伝えて頂く事で、親から伝えるよりも
なんとなくでも、水やお茶にした方が良いことが分かれば…、と良い
機会
になりました。動物たちで、子どもたちも入りやすく、楽しくお話が
聞けていたと思います。

子どもたちが楽しそうにしてて良かったです。
スポーツドリンクがイマイチなことが分かって良かったです。

経口補水液が、意外と簡単に作れるのに驚きました。
家でもできたら作りたいと思います。
小2の娘には少し物足りなかったようです。

とても楽しかったです。悠大にはまだ早かったですが…笑
OS-1のことなど為になりました

経口補水液作りが良かったです。ジュースに使われている
砂糖の量も、目に見えて分かりやすかったので、こどもにも
理解しやすかったと思います。あいうべ体操は私も毎日やりたい
思いました。クイズなど、こどもが歯について分かりやすく
学べて良かった
です。

むし歯になりやすい食べ物、経口補水液のこと等、
小さな子にも分かりやすく、楽しく説明していただいて
良かったと思います。今後も継続して、
開催
していただければと思います。

今日はありがとうございました!息子が誰よりも
楽しませて頂いていました
。私も、ジュースなどに含まれる
砂糖にはとても驚きました。私自身、歯医者には
敬遠しがちなところがあるので、こういう機会があるのは
とてもありがたい
です。息子の歯には、しっかり目を光らせて
注意していきたいです。意見より、感想ばかりですみません。
また次回もあれば、足を運びたいなと思いました。

['16/8/20] 船上で入社式
今年も特別心に残る入社式を行いたいという想いから
中之島リバークルーズを貸し切って船上で入社式を行いました!



今年の新メンバーは歯科衛生士の森口さんと森廣さん
2人共、子どもの頃に経験した矯正治療がきっかけで、歯科衛生士を目指されました。
子どもの頃からの夢が叶って、この日を迎えました。



毎年、無事研修を終えて、この日を迎えられることを、新人メンバーだけでなく
それをサポートしている先輩メンバーも楽しみにしています。

船上パーティーなので、オシャレに!と、ドレスコードは全身ホワイトコーデ
流行りの!?ホワイトパーティーにしてみました。

1人1人個性が光って、白衣とは違う輝きがありました。
夜景にホワイトコーデの私たち、20人揃うととっても映えましたよ。



又、このパーティーは入社式だけでなく、西辻さんの出産お祝い
平松主任の5年勤続銀バッチの贈呈、そして当日はちょうど、
保育士の緋田さんのBDと、おめでたいことを沢山お祝いできました。

 

昨年、一昨年、入社式に参加する側であった緋田さん・中田さんが
幹事&司会進行を務めてくれたり、後輩メンバーが、平松さんへのサプライズを
心を込めて
考えてくれたり、6年勤務された平山Drも参加して、
新人メンバーにプレゼントを下さったりと、見えない感動も
多々感じる大切な時間になりました。

新人DHお2人と、平松主任の胸に輝くバッチにも注目してみて下さい。
そして、オールホワイトコーデのベストドレッサー賞のオシャレホワイトさんには、
投票により、藤原Drと森口DHが選ばれました。



森口さんは、お母様choiceの、とってもエレガントで女性らしいドレス。
藤原Drはミッキーを思わせるgentlemanな正装で、とってもきまっていました。

オシャレなお2人には、中田DHによるホワイトニング施術チケットがプレゼントされました。
皆の真っ白い歯にも着目してみて下さい。
['16/7/31] 笈田さんご結婚おめでとう
8年間常勤で勤務されている歯科衛生士の笈田さんがご結婚され、
ヒルズメンバーと共に結婚式に出席させて頂きました。

結婚式はとても穏やかな雰囲気で、笈田さんも笑顔がいっぱいで
幸せをおすそわけしていて頂きました。

そして、私たちの医院で勤務されていた3人のDHさんとも再会でき、
とても嬉しい1日でした。

笈田さんのこの日のために、DH中本さんがブライダルホワイトニングを担当され、
当日は白いドレスに白い歯も輝いていました。



院内に写真も飾っているので、是非ご覧ください。
昨年、結婚され、今年出産され、現在育休中のスマイルクリエーター西辻さんも
当院でブライダルホワイトニングを行っていました。



こうして、皆、仕事もプライベートも充実していかれることが
私の喜びでもあります。

笈田DHは勤務時間が9:30~17:00と少し短くなりますが、
今までと同様、メインテナンスを受けて頂けるので、
安心してご来院下さい。
['16/7/25] カムカムフェスタ2016のご案内
今年もカムカムフェスタの季節がやってきました。

今年のテーマは昨年から始まったHills Kitchen
管理栄養士の密山さんが中心となり、ヒルズが提案している歯育てレシピです。

皆で経口補水液を作ったり、口呼吸を鼻呼吸に変えるあいうべ体操を行ったり、
健康学習のパズルを組み立てたりと、遊びと学びがたくさんつまった内容です。



8/42(水) 9:30~ 11:00~ の2部制
各回先着20名様です。

予約制ですので、ご予約はお早めにこちらまで。 

06-6774-4182

この日はカムカムクラブのイベントのみで、診療はありません。
一緒に学んで、夏の思い出を作りましょう!

['16/7/21] あなたはどのタイプ?
予防歯科にかかせないのがプロケアと共にホームケアです。
スーパーや薬局には多数のオーラルケア用品があります。
目的も価格もバラエティに富んでいます。

何を選べばいいのか?自分に合ったものは何か?
分からないのではないかと思い、今回、タイプ別に5つのセットをご用意しました。



むし歯タイプ、歯周病タイプ、知覚過敏タイプ、美白タイプ、音波ハブラシタイプ、です。

誰もが使われる基本的なアイテム、ハブラシと歯磨剤のみをセットにしています。
まず、スターターキットとして、このsetのいずれかを使って、歯みがきを行って頂き、
補助アイテムとして、歯間ブラシやフロス、ポイント磨きブラシ、うがい薬、
キシリトールをおすすめしたいと考えています。

まず、ご自身がどのタイプにあてはまるかを、担当DrやDHが診断させて頂きます。
自分に合ったケア用品で、困り事のないお口を手に入れる第一歩を踏み出しましょう。
気軽にお声がけ下さい。
['16/7/8] HPプチリニューアル
HPに新たに保育士古川先生のぺージHills Kitchenのページができました。
保育士のページには、当院の託児サービスを3年半担当して下さっている
古川先生の熱く温かい思いが伝わります。

保育士としての経歴やご経験ご自身の実際の子育てのこと、
ヒルズでの保育サービスへの温かい思いが綴られています。

古川先生の保育は、お母様方はもちろん、これからママになるチームメンバー
DH学校の実習生にも貴重な時間になっています。

 

Hills Kitchenのページには、当院の管理栄養士密山さんが考案する
歯育てレシピが掲載されています。
歯科からの食育、お口育てを提案しています。
密山さんおレシピは、ママたちにとても好評で
「これを楽しみにしていたんです」という声も頂いています。

FBページのアイコンもリニューアルして登場しました。
ヒルズの進化を続けるHP是非これからもお楽しみください。

['16/7/1] FBのページができました
今年度から、ESCSチームを作り、学びと実践を行っています。
チームリーダーは密山さんです。



みつやまさんは、管理栄養士でありながら、しか・ESCSに興味を持って
転職して入社して下さった逸材です。

昨年から、Hills Kitchenの発信の他、さまざまな取り組みを院内外で行っています。
その一つが、今回のFace bookページです。

HP・メルマガだけでなく、より身近なSNSでも情報発信を行っていきます。
いいね!と思われた方は、是非、いいね!をクリックお願い致します。
['16/6/23] うえしおナーサリー歯育て教室
昨年に続き、園医をさせて頂いている
うえしおナーサリーにて、歯育て教室をさせて頂きました。

3~5才の元気いっぱいの50人の園児に、
劇・クイズ・あいうべ体操・歯みがきの練習等行いました。

主役のあっちゃんは新人DHの森口さん、
皆のお口を守る「ツバ」さんに研修医の天野Dr、
司会進行が保育士の緋田さん、
歯科医役の永井

の4名でおじゃましました。

今年は昨年より、1つレベルUPして、
①お口を閉じる
②食事中でなく食後にお茶を飲む
③スポーツドリンクもむし歯になる

こともお伝えしました。

子どもたちは昨年のクイズの内容を覚えていてくれていたり、
覚えたばかりのあいうべ体操を自発的に歌ってくれたりと、
子どもたちの持つ力に驚かされっぱなしでした。

あいうべ体操や、鼻呼吸、食事中にはお茶を飲まない、
スポーツドリンクではなく、経口補水液を飲むように、
習慣に変化が起こることを期待しています。

せっかく園医をさせて頂いているので、
「むし歯がなくてよかったね」だけでなく良い習慣や知識を啓蒙していきたいです。

園医をさせて頂いている13園550人の子どもたちの健康
これからも寄与していきます。
['16/6/19] マイナス1才からはじめるむし歯予防
大学の尊敬する先輩で、キシリトール研究の第1人者でおられる
仲井 雪絵先生
のご講演を、チームメンバー13名と共に拝聴し、学ばせて頂きました。

タイトルは、
マイナス1才からはじめるむし歯予防
キシリトールの活用による口腔健康へのアプローチ

です。

私もマタニティ歯科、
マイナス1才からのむし歯予防の活動を2005年から続けています。

そのベースとなる研究を行っておられる仲井先生のご講演を、
DH・受付・健プロ皆で聴けたことは、とても有意義でした。

冒頭で、歯科医は健康寿命に貢献できる仕事であり、
口腔ケアは健康ケアである、というお話がありました。

キシリトールは、マイナス1才からの感染症予防にも、
感染している人に対する生活習慣病予防にも役立ちます。

ヒルズでも、妊婦さんや、むし歯リスクの高い方、アメ等を
習慣的に食べる方にキシリトール習慣
をおすすめしています。

健康の入り口のお口のサポートを、チーム全員で熱く行っていきます。
キシリトールのことは何でもご質問下さい。
['16/6/15] バルナバ病院マザークラス
開業当初から、聖バルナバ病院のマザークラスにて、お話させて頂いています。

週1回のマザークラスに加え、月1回歯育て教室をさせて頂いているため、
顔なじみの助産師さん、管理栄養士さんも多くなりました。

先週と今週は、春に改編された
マザークラス①②を見学させて頂きました。

私はマザークラス①(妊娠16w~の妊婦さん対象)
にてお話をさせて頂いています。

このクラスは歯の衛生の他、助産師さんから
日常生活上の注意や妊娠中おこりやすい異常、
骨盤ケア、母乳育児についてのお話があります。

又、参加されている週数の近い妊婦さんで、
妊娠中のABCを話し合うグループワークもあります。

A~Zまでの26のアルファベットの頭文字を使って、
妊娠中気をつけたいこと、準備、栄養、運動、気持ち等をまとめるワークでした。

その回答の例に
H 歯医者に行く
X キシリトール

が挙げられていました。

産科からも、マタニティ歯科の重要性
説いて下さっていることも知れ、とても嬉しかったです。

10年近く活動を続けているおかげで、
バルナバ病院のマザークラスに参加されている方の歯科受診率
日本の平均10%よりも4倍位高いです。

これからも母と子の歯の健康を守り育てる
マタニティ歯科 歯育て歯科を続けていきます。
['16/5/31] カムカムワッペン
私たちは制服の右胸に2~3個ピンバッチをつけています。

社章でもある、カムカムボーイ&ガールのピンバッチ
②その年の干支とカムカムボーイがコラボしたyearsピンバッチ
 今年は申年のバッチです
5年勤続の銀バッチ10年勤続の金バッチです。
 4名のメンバーが身につけていると思います。

保育士の古川先生から、このピンバッチが、
赤ちゃんを抱っこする時に、
危険因子になるかもしれないという意見を頂きました。

名札はすぐ取り外せるため、抱っこされる際には外して下さっていますが、
ピンバッチはすぐには取り外せません。

そこでお子さんのやわらかい皮膚に触れても
安全なワッペンを、今回特別に作製しました。

私たちが身につけている、カムカムボーイ&ガールのピンバッチと
同じデザインでとってもかわいいです。
これで同じ思いで一緒に仕事を続けることが叶いました。

古川先生もこのプレゼントをとても喜んで下さり、さらにが深まりました。

保育サービスをご利用の際には、
古川先生のカムカムワッペンにもご注目下さいね。
['16/5/25] こいし歯科さん見学
昨年も歯育て教室の見学でお世話になっている、
池田市 こいし歯科さんへ見学に行かせて頂きました。

こいし歯科さんには、2名の管理栄養士さんがおられます。
歯育て教室、料理教室の企画の他、院内で食育の発信等に携わっておられます。

昨年の歯育て教室の見学で、足育・息育・Hills Kitchen等、
少しずつ取り入れてきましたが、まだまだできることが見つかりました。

毎年恒例の8月のフェスタのテーマ・内容も明確になりました。

これからも管理栄養士 密山さんと一緒に、
歯科からできる食育を実践していきます。
['16/5/24] Hills Kitchen Open
管理栄養士 密山さんが考案するHills Kitchen

今回のvol.3は切り干し大根と人参と水菜のサラダ

これを皆で作って、お昼ごはんに頂きました。
ポイントは、切り干し大根

1.通常火を通して食べるものを水で戻すだけで食べれる手軽さ
2.保存がきく乾物を使うこと
3.カリウム豊富で栄養価が高い
4.歯ごたえ




ドレッシングも家にあるもので作れるので、是非皆さんもお試し下さい。

(クリックすると拡大します)
['16/5/23] ヒルズを彩るメンバー紹介
この2カ月で、メンバーが6名増えています。
2名は、研修中の新卒DHさんで、順調に研修が進んでおり、
7月には常勤のメンバーになる、森廣さん森口さんのモリモリコンビです。

他には、日本歯科学院の専門学校と
新大阪歯科衛生士専門学校の実習生3名

岩手医科大学の天野Drが研修に来られています。

又、8月~は東京歯科大学千葉病院から
高橋Dr
が研修に来られます。

来院者の皆様は、知らない顔や違ったユニフォームのメンバーがいて、
戸惑われるかもしれませんが、皆向上心があり、
ヒルズを愛して下さっているメンバーです。

チームメンバー同様、SMILE&COMMUNICATIONを大切にし、
できるだけ歯を抜かない削らない予防歯科・マタニティ歯科・小児歯科に共感された方です。

大家族になったヒルズをこれからも宜しくお願い致します。
['16/5/8] あいうべ体操 今井一彰先生のセミナー
以前より拝聴したかった、あいうべ体操の考案者・息育の第一人者であり、
医師の今井一彰先生のセミナーに行ってきました。
藤原Dr・千本さんと一緒に参加しました。

風邪やインフルエンザ予防や被災地での口腔ケアに、
あいうべ体操が取り入れられていることは、
メディアの報道で知っていましたし、著書も拝読していました。

診療室や町で口呼吸の人を多く見かけます。

私自身も口呼吸で低位舌です。
口呼吸による悪影響、アトピー・鼻炎・便秘・唇の乾燥・歯の変形を自覚しています。

鼻呼吸に改善したくても、
何十年も楽な口呼吸で生きてきたため、習慣を変えるのは難しいです。

どんな目的でこのあいうべ体操を考案され、普及されているのかや、
小さな疑問も解決できて、とてもモチベーションが上がりました。
早速、当日からあいうべ体操1日30回と口テープを再会しています。

薬いらずになって、健康でいられたら最高です。
あいうべ体操をこれからは自信をもっておすすめしていきたいと思います。

又、私たちの医院に多く来られる妊婦さんも
口呼吸要注意と知り、ますます興味がわきました。

花粉症の方や妊婦さん、そして私たち医療従事者も
マスクをしていることが多いですが、
マスクの下は皆口が開いて口呼吸になっているとのことです。

私たちも皆で毎日励行していきます。
['16/5/7] カムカムメニュー
カムカムクラブでは、歯磨き剤とフッ素
レストランのメニューのように、選んで頂けます。

平松主任から新しいフレーバーを増やしたいと
提案があり、自ら探して下さいました。

子どもたちのワクワク楽しいに応えるため、
日々できることを考えてくれていることに、心から感謝しています。

新しいフレーバー オレンジが加わり、
7種類の中から歯磨き剤が選べます。

これらはフッ素濃度が高く、低研磨性、
低発泡性、キシリトール配合
等、
私たちの基準を満たしている、
4種のメーカーからセレクトしています。
もちろん販売も行っています。

私たちの医院ではお子様のオーラルケア用品のみならず、
さまざまな商品を販売しています。
新しい商品を増やす際には、衛生士やDr皆で議論して選んでいます。

受付カウンター内の物販ショーケースは、
ヒルズのセレクトショップです。
是非、お買い物だけでも足をお運び下さい。
['16/5/7] 母の日フェスタ
開院以来ずっと続けている母の日フェスタ

今年はいつもと違うもっと楽しい事はできないか?
ワクワクプロジェクト健康プロモーターメンバーに考えて頂きました。

何度かミーティングを重ねて挙がってきたのがこれです。

今流行りの、インスタフレーム

千本さん、緋田さんが中心となり、
とっても質の高い仕上がりになっていました。
その名も、「hillstagram」

割りばしについた吹き出しや、リボン・ヒゲでお母さんへのメッセージも伝わります。



メッセージは、「ずっと一緒だよ」「お母さんキレイ」「ありがとう」「oh!HAPPY DAY」
「健康な歯で大きくなってね」「朝も歯磨きしてね」
等から、選んで頂けます。

フェスタは、来院者はもちろんですが、
企画する私たちがワクワクしていることがとっても大切だと思っています。

診療もフェスタも、私たちの本気の気持ちが伝わるよう、これからも歩んでいきます。
                                          〈お母さんいつもありがとう 永井美也子〉
['16/4/18] 9周年記念set
4月の9周年を記念して、スマクリチームが
お家でなりきり!カムカムトレーニングセットを作ってくれました。
9周年にちなんで¥50。限定9setです。

リピーターの多い、定番のカムカムトレーニングセット
(仕上げブラシ・プラウト・染めだし液・checkup kodomoミニ3種・
check up gelミニ3種・子ども用フロス入り)に加え、
デンタルミラー、マスク、グローブ、滅菌パックが入った豪華版です。

おうちで歯医者さんになりきれます!

デンタルミラーは1つあると、
上の歯の奥歯や6才臼歯までしっかりチェックできます。
この機会をお見逃しなく!
['16/4/17] ヒルズDr同窓会
年に1度、私たちの医院で採用し勤務して下さっていたDrと
同窓会のように集まり、親睦を深めています。

今年は出産のタイミングやセミナー・診療が重なり、
残念ながら欠席のDrもおられましたが、
この1年の近況を報告し合い、特に良かったことをシェアしました。

オープンから9年経ち、多くの先生方に助けられて
診療できたことをあらためて感じる時間でした。

今年も新たなDrがヒルズに加わります。
来年の10周年の際には
約10人のDr(すべて女性)で集合することになりそうです。

ご主人と開業されているDr、出産・育児をしながら復職するDr、
1人で開業するDr、矯正専門医を目指すDr、
勤務医としてスキルを磨くDr、院長とスタッフの間でリーダーシップをとるDr等、
さまざまなタイプの女性Drがいます。

これからもヒルズファミリーが永続して繁栄していけるよう、
1日1日大切にしていきます。
['16/4/8] 新入スタッフの発表
4月より新入スタッフが2名が加わりました。
新卒DHの森口さんと森廣さんのモリモリコンビです。

森口さんは奈良県出身で、私や笈田さんと共通点があり、
森廣さんは、私が開業前に勤務していた医院に、
子どもの頃から定期的に通われているご縁のある方です。

研修レポートは毎年、本当に感動します。
この方を採用させて頂けて良かったと思うと同時に、
他のチームメンバーと同じことに気づいて成長されていくのが実感できるからです。

2人の「光り輝くあなたになるためのSTEP1」です。
是非一緒にお読み下さい。

○お渡しした資料や、実際の実習を通じての
上本町ヒルズ歯科クリニックの印象や感想をお聞かせ下さい。
 

面接の時に院長、平松さん、笈田さんから、いきなり仕事を与える事はなく、
先輩が一つ一つ丁寧に教えてくれますよ。という風に声をかけて頂きました。
研修も相互でする事になってきましたが、
研修をして終わりでいきなり患者様を相手にするのではなく、
練習をして頂けるので、本当に毎日皆さんに感謝しています。
ヒルズに就職してから「ありがとうございます」と感謝を伝える事が増えました。
今までの私はそんなにたくさん伝える場面がありませんでした。
仕事をしている先輩方の姿を見て、何度も「ありがとうございます」と言うのを聞いて驚きました。
そして今では私も何度も言うようになりました。
すると、とても気持ちが良く過ごせるようになりました。
そして前までの私は相手の嫌な所を探してしまう事がありましたが、
今では相手のすごい所や素敵な所を探すのが多くなった気がします。
ヒルズへ来てから1番の自分自身の変化は心境の変化だと感じました。

歯科医院でバイトをしたことがなく、実習だけだったので不安でいっぱいでしたが、
1つ1つを丁寧に教えていただいて、少しずつ不安がなくなりました。
患者さん、メンバー、技工所の方々など
医院に関わる人々を大切にしている
所がとても素敵だと思いました。
みなさん仲が良くてお誕生日に色紙を書いたり
お祝いしたりしていてとても良い環境だと思います。
そして研修やセミナーや講習会など、たくさん参加され、
そして毎週ミーティングを行っていることでこんなにステキな歯科医院なんだと思いました。

○あなたは上本町ヒルズ歯科クリニックに来院される患者様に
どういう風に接したいですか?

明るく元気に患者様が不快に思わない様に接したいです。
帰られる際には幸せな気持ちで、また来院したいと思って頂きたいです。
先輩方が今まで積み重ねてきた信頼関係を壊さないように、
当たり前の事なのですが、患者様を大事に思い接していきたいです。
患者様にも色んなタイプの方がいると思うので、
これから先その人に合う話し方や対応ができるようにしたいです。

患者さんはみなさん笑顔で来院して下さるので、いろいろなお話をしたりして、
コミュニケーションをとって、来院した時以上に笑顔で帰ってもらえるようにしたいです。
子どもさんも怖くて泣いてしまう子とか、上手に口を開けてくれる子にも
「上手~」「すごいね」などの声かけをして、少しでも泣き止んでくれたり、
嫌々来院することが少なくなるように声掛けを気をつけて接していきたいです。
['16/4/1] 開院9周年
早いもので、皆さんに支えて頂き、9周年を迎えることができました。

開院当初から来て下さっているお子様が、
中学生、高校生、社会人に成長されているのを見ると、
9年立ったことを実感します。

今日から10年目です。
10周年を目指して邁進したいと思います。

1年前まで勤務して下さっていた平山Drから、
9周年のお祝いメッセージとおかしを、今年も頂きました。

離れていても、一緒に5年間医院を運営して下さった
平山Drだからこその愛情たっぷりのサプライズでした。

卒業したメンバーにも支えて頂いて、
平山Drのメッセージにもあったように、常に進化し続けたいと思います。
['16/3/19] 西辻さん産休へ
5月出産予定のスマイルクリエーターの西辻さんが、
出産前最後の出勤でした。
産後、来年夏頃?に復帰予定です。

ヒルズに保育士さんが2名いるのでカンガルー出勤で、
ベビーと一緒に出勤になるかもしれません。

そうすると、私たちも毎日赤ちゃんに会えるのでとっても楽しみです。

育児と仕事を両立するライフスタイルは、
チームメンバー皆の憧れです。

女性の職場ならではの、勤務形態を
少しずつ形にしていきたいと思っています。
['16/3/15] ホワイトニングコーディネーター合格
常勤DH3名 笈田さん・中本さん・中田さんが、先日受講したセミナーで、
見事ホワイトニングコーディネーターに合格し、
ようやく認定証とバッチが届きました。
合格本当におめでとう。

ホワイトニングは、当院でとても人気なメニューですが
オフィスホワイトニング3回コース3万円+税が一番人気です)、
DHにとっても人気の施術です。

やはり、機能を回復する治療とは異なり、
外科的な処置を行うことなく、美しく綺麗になり、
しかも45分の短い時間で変化がお互いに実感できる
私たちにとっても楽しい仕事です。

特にDH中田さんは、学生の頃から
この資格を取得したかったそうで、喜びもひとしおです。

ホワイトニングに興味のある方は、
より専門的に学んだ3人に、是非お話を伺って下さい。

あなたにぴったりのライフスタイルに合わせたホワイトニングをご指導します。
['16/3/13] 子どもの咬合を考える会
第20回 子どもの咬合を考える会 記念特別講演に行ってきました。

テーマは、
「すこやかな子どもに育つ0歳からのアプローチ
不正咬合は予防できる~
講師はいずれも、臨床歴50年という大ベテランのお2人でした。

お1人目は、赤ちゃん歯科ネットワーク代表 石田 房枝先生
以前から一度講演で拝聴したいと思っていたので、とても楽しみでした。

タイトルは、
お腹の中から歩き出すまで -歯科に及ぼす粗大運動発達期の影響ー」

お2人目は、佐賀県ご開業の増田 純一先生。
増田先生の著書「Health Dentistry 0歳から”噛む”で健康長寿」は、
ベストセラーで素晴らしい本です。

講演のタイトルは、
「乳幼児期の食べ方が生涯のかみ合わせと口腔機能を作る」でした。

まさにマタニティ歯科に必須のテーマだったため、即参加を決めました。

かつて日本はむし歯が多く、むし歯の洪水といわれた時代がありました。
今は、医学の進歩、フッ素の普及等により、むし歯はずっと少なくなり、
「不正咬合の洪水」といわれています。

むし歯予防から不正咬合予防へと時代は移ってきています。
子どもの咬合を考える会は、20年前から一貫して、
「子どもの不正咬合を予防する」をテーマに活動されています。

先日受講した、川邊Drの講演同様、
舌の位置・口を閉じること・姿勢・赤ちゃんの頭の形・
赤ちゃんの抱き方
等、多くの事が学べました。

最後のシンポジウムでは、
「不正咬合を予防する子育て10ヶ条 乳幼児期編」を教わりました。

 第1条 口を閉じて鼻で呼吸します。
第2条 舌はいつも上顎につけます。
第3条 食事は口を閉じて一口ずつ、左右でバランスよくしっかり噛みます。
第4条 飲み込むときも口唇を閉じ、舌は上顎にそわせます。
第5条 頬杖、あご杖をするのはやめます。
第6条 指吸い、爪噛みはやめます。
第7条 口唇を咬む、巻き込むことはやめます。
第8条 背筋を伸ばして、姿勢をよくします。
第9条 寝る時は仰向けで寝ます。
第10条 舌や口唇や顔全体の筋肉のトレーニングをします。  

私たちの医院でも、これらをさまざまな形で発信していきたいと思います。
['16/3/7] お口の健康のための10の行動
先日TV番組で、歯科が取り上げられていました。

 ・歯が抜けた後、ほったらかしても大丈夫か?
・大人は子供と比べてむし歯に気づきにくいのはなぜ?
・歯周病で亡くなる人もいるって本当?
・歯みがきは毎日しないとダメ?

など、歯の疑問を詳しく解説されていました。

その番組の中で、歯科医師数名に取材して、
歯科医師に共通する歯磨き法が紹介されていました。

当然、毎日さまざまな歯やお口を拝見して、
自分の歯のことも知り尽くしている?!歯科マニアの歯科医師は、
理論に基づいて、実生活で実践していることが沢山あります。

むし歯だらけ、入れ歯の歯科医師に出会うことはありません。

そこで私がプロケアを受けるため、3か月毎にメンテナンスに通う以外に、
お口の健康のために心がけていることをご紹介したいと思います。

  ①1日3回の歯みがき 食べたら磨く
②歯ブラシは自分に合ったヘッドが小さめのやわらかめのもの
③むし歯予防のためにフッ素950ppm配合、低発泡性、低研磨性の歯磨剤をたっぷり使用
④ブラッシング後は、少量洗口(うがい1回のみ)
フロスで歯間部を清掃
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの継続
⑦基本的に水分は水甘い飲み物・アメは食べない
⑧あいうべ体操・口テープ・吹き戻しを使って口の周囲の筋トレ
姿勢を正す
 お口の姿勢も正す(口を閉じる、舌は上の前歯の裏につける、
上下の歯は食べている時以外は接触しない)
⑩足育に適した靴を選ぶ

この他にもヒルズでは、マウスピースを装着している、
キシリトールガムを食べる、マウスウォッシュを使う等しているメンバーもいます。

皆の行動をみていると、健康は守り育てていくものだと感じます。
これからも皆様の健康のサポーターでい続けたいと思います。
['16/3/6] ファミリア神戸元町本店 歯みがきセミナー
今年で5回目になるファミリア神戸元町本店で、
歯みがきセミナーを行いました。

毎年数日でキャンセル待ちになる人気セミナーです。

今年は午前が、ママといっしょに!歯みがきセミナー
午後からは初めて、マタニティのための歯みがきセミナー でした。

「ママといっしょに」「マタニティのための」というセミナー名ですが、
パパやおばあちゃんも一緒に参加して下さっている方が半数おられました。

家族皆の歯みがきへの関心の高さが伺えとても嬉しいです。

セミナー時間は1時間とたっぷりあるのですが、
午前午後共に延長してしまう程、話は尽きませんでした。

診療や産科での母親教室では、こんなにゆっくりお話できないので、
改めて健康学習の大切さを実感しました。

地道な活動ですが、今後もいろいろな形で
皆様のデンタルIQの向上をサポートしていきたいです。
['16/2/28] とみやす歯科クリニックご開業
グループ医院のゆめはんな歯科クリニックで5年間勤務されていた
富安祐介先生が、河内国分駅前でご開業され、内覧会に行かせて頂きました。

グループ医院出身ということもあり、
予防を主体
の医院作りをしたいと仰っていました。
駅の改札を出てスグという、雨にも濡れない立地。

隣接して24時までオープンしているスーパー ライフがある。
「日・祝も診療」と通いやすい医院です。
しかも、富安Drの経歴をあらためて拝見すると素晴らしいです。

心優しいスタッフが集まっていて、院長の優しいカラーがでていました。
富安Drは美容、審美歯科も得意なので、是非ご興味のある方は足をお運び下さい。

それぞれの院長の思いが形になっている内覧会を訪ねるたびに、
開業の頃の初心を思い出し、とても新鮮な気持ちになります。
['16/2/28] 大和歯学セミナー
姿勢咬合論で有名な、東京都ご開業の
川邉研次Drのセミナーを受講しました。

演題は、
「マイナス1歳からの姿勢咬合 
歯科が一生の健康パートナーであるために~」

近年では、姿勢・呼吸が歯科でも着目されるようになりましたが、
川邉Drは、20年以上も前から、姿勢咬合を研究されている先生です。

以下、講演抄録より
 姿勢の良い不良はいない。
そして、マスクをしている医療従事者は口呼吸・・・。
咬合や歯列の異常は呼吸と嚥下の問題によって起こります。
その問題は傍から見ると、たわいもない習慣(指しゃぶりや頬杖など)
によることが多いようですが、最近では胎児を宿した
妊婦の姿勢も大きく影響することがわかってきました。

妊娠中の呼吸・嚥下の問題がその姿勢に影響し、
胎児の位置関係を決めるのです。
出産そのものも姿勢を決定する要素として重要であり、
また出産後は呼吸と嚥下がしやすい姿勢指導を母子ともに行うことで、
頭蓋や中顔面の正常な成長発育を図ります。

そのためにスキャモンの成長曲線や歯牙年齢など、
各年齢におけるそれぞれの発育曲線を同時に考えながら、
様々な反射を利用することにより呼吸と嚥下のプログラムを
個人の成長に応じて修正していくことが必要になってきます。

呼吸と嚥下の問題は免疫の異常としてアトピー性皮膚炎、
喘鳴、喘息などの症状を起こすことがあります。
また将来的に口腔に起こり得る問題や中顔面の成長発育の異常としても現れ、
複合化した以上は様々な病態を作り出します。

未来歯科ではマイナス1歳から”教育として”の歯科医療を行っており、
例えば生後1カ月の子供がお口ポカン、上を向いて寝られない、
オッパイを吸いにくい、夜泣きがひどいという場合には
呼吸・嚥下の異常として様々な原始反射が正常に稼働しているのかを確認します。

そして赤ちゃんの抱き方、オッパイの与え方、
枕の形状を教育することで当日から改善されるのです。
生後3カ月から6カ月でアトピーがある子供などは
身体をのけぞって泣きますが、これも呼吸と嚥下の異常を示します。

未来歯科の矯正は、マイナス1歳からでも生後1カ月からでも始めることができる
呼吸と嚥下の修正プログラムです。
乳児嚥下が残っているのが口呼吸であり、
唇を閉じにくく閉じても舌が上がらないで鼻で呼吸しづらくなり、
この問題が口腔の発育を妨げる姿勢を作り出します。

今までの矯正治療は歯列の形態のみを対象とし、
ほぼ歯列が完成した時期から始めるか、
あるいは身体の発育を無視してただ闇雲に歯列を拡大し、
その後にブレイスで機械的に形を整えてきました。

しかしながら、いくら矯正を行っても保定装置を外すと、
原因が全く除去できていないために
確実に戻ってしまうという悲惨な結果を招いてきたのです。
特に現代人は椅子に座る、靴を履いて立つ、歩くという姿勢において
独特な後方重心になる癖により、口呼吸と逆嚥下という
最も生命現象に関わる問題を抱えてしまっています。

日本人の姿勢は独特な文化に基づいて出来上がったものですが、
欧米の文化が急速に入り込んだことにより、
現代の日本人は最早日本人とも欧米人ともいえない
奇異な姿勢と癖を作り出してしまいました。

TCH、顎関節症、咬合病というものは、
そういった状態で咬合を行っている筋肉の異常であり、
それに対し様々な反射機能を利用したトレーニングを行うことで、
より良い咬合と歯列を獲得していく筋肉プログラムを作り上げることが重要です。

想像以上に前全身の解剖学を知り尽くしておられ、
姿勢・呼吸の奥深さを学びました。

私達の医院でも、昨年より
足育・食事の姿勢・口呼吸の改善・前歯を使う、
あいうべ体操
などで、口周囲の筋トレに取り組んでいます。

特に3才までの時期で基本的な姿勢・呼吸を身につけておくことは、
その後の一生の健康において、良いことづくめだと感じています。

カムカムクラブ、カムカムニュース、カムカムフェスタ、
ウェルカムクラブ、メルマガ、ポスター等でも発信していきます。

全身からの健康もサポートしていきます。
['16/2/17] 日本人の歯と体の健康を守る食生活のあり方
大阪市生涯歯科保健推進事業のセミナーで、
日本人の歯と体の健康を守る食生活のあり方について学びました。

サブタイトルには
生涯を自分の歯で食べていくためにすべきことを考えませんか」。

講師は大阪市でご開業 豊田歯科医院 院長 豊田裕章先生です。

豊田先生は、「健康は健口から! 健口歯科をモットー」に、
診療されると共に、「おむすびの会」「弁当の日」事務局、
近畿農政局「食育仕事人」等としても、活動されています。

地産地消、精製糖や精製油の摂り過ぎを再認識しました。
エネルギーは足りているが、ビタミン・ミネラルは不足している新型栄養失調や、
加工食品は表示されている何よりも栄養価が低い危険性、
リン酸塩などの添加物が含まれていると、
ミネラルの吸収が阻害されるという自分自身も役立つことも学びました。

スポーツドリンク、経口補液、日本の誇る甘酒のススメ等は、
カムカムニュースやフェスタで発注していきます。

食育の正しい情報を歯科医院でも伝えていきます。
['16/2/12] 三木主任へ金バッチ贈呈
開院前から、一緒に仕事をしている
三木主任と一緒に働いて10年が経ちました。

それをお祝いして金バッチと、
皆の手作り「みきなおこマニュアル」が贈られました。

10年マニュアルは、10年間の思い出がつまったアルバムで、
ONとOFFの輝く三木さんのすべてがつまっていました。

皆、三木さんの後輩になるので、10年間のアルバムを作りながら、
思い出と歴史を一緒に振り返ることができました。

この10年間、三木主任なしでは、
医院もチームメンバーも私自身も、全く違っていたと思います。

楽しい時も思い悩む時も、喜びも達成感も常に、近くで分かち合ってきました。
10年間で互いに一番長い時間を共有してきた唯一の存在です。

三木さんはスマイルクリエーター 受付なので、
担当患者様や予約がある訳ではありませんが、
昔からファンが多く、人気の看板娘です。

これからもヒルズのマスコットであり、大黒柱であり、
私にとっては共同経営者のような存在であることに変わりはありません。

第2の三木さん、第3の三木さんを、
今後も共に創っていきたいと思います。

三木主任の胸に輝く金バッチを見つけた方は、
「10年勤続おめでとう」とお声を掛けて頂けたら嬉しいです。
['16/2/9] スマホサイトがオープンしました
昨年から、三木さんに取り組んで頂いていた
スマホサイトがオープンしました。

今までスマホでも、PCサイトしか閲覧できなかったため、
字が細かく見にくい部分もありました。

WEB予約、TEL、アクセスが分かりやすくなっています。

是非、外出時にもスマホから、
チームメンバーのブログ、私のコラムもご覧下さい。

今、チームメンバーのブログの更新率は、開院以来最多です。
1日に数回更新されている日もあります。
熱いチームメンバーのブログは必見です。
['16/2/1] Hills Kitchen vol2
管理栄養士 密山さんが考える
Hills Kitchenは、3か月に1度の更新です。

診療室に掲示したり、
レシピを持ち帰れるようにしていますが、予想以上に好評です。

いつまでもご自身のお口でお食事ができるように、
「お口育て」のためのレシピです。

今回からヒルズキッチンのロゴも入っていますよ。

今回は、「彩り野菜の豚肉巻」
野菜の歯ごたえが美味しい一品です。

お弁当にもおつまみにも役立ちそうです。
['16/2/1] さまざまなプロジェクト
昨年から企画していたプロジェクトが、少しずつ形になっています。

1つは、他己紹介。
開院当初も行っていたことがあるのですが、
今回は新メンバー4名をまず紹介しています。

キッズルームと診療室内にも掲示しているのでご覧下さいね。
 藤原Dr
・みんなの力になりたい そんな想いが人一倍強い
・とっても素敵な雲母という名前はお父様が小説からとってつけてくれたそうですよ!
皆さんもキララ先生と呼んであげて下さい
・神奈川県出身 親子2世代でディズニーランドで働いていたディズニーマニアです!

若山さん
・お母さんの作る特大のおにぎりが大好物!
・鳥取県米子出身 表情豊かさヒルズNo1
・素直で正直者 コツコツ努力する頑張り屋さんです
 保育士の資格も持つ和やかな人ですよ

密山さん
・ヒルズ健プロの頭脳派!いつも頼りにしてます
 ヒルズキッチンでは、管理栄養士の資格を生かして大活躍中!
・コントラバスの弾ける管理栄養士さん
・散歩が好きでラーメンを食べ歩きしているとか・・?

中田さん
・子どもの頃TACでダンスを習っていたアクティブ派
 上本町が地元なので地域のことはおまかせ!
・笑顔がキュートで話しかけやすい 魅力がいっぱいの衛生士さんです
・身長は小さくても、目配り・気配り・心配り上手

2つ目は、チームメンバーおすすめの物販の案内です。

僭越ながらトップバッターは私です。
私のおすすめ商品は、キシロスウィート

私は料理もお菓子もほとんどキシロスウィートを使っています。
砂糖に比べ、カロリーも低く(40%減)、
血糖値の急上昇も防げ、体に優しい天然甘味料です。

これは昨年、千本さん中本さんが実践学習会で訪問した、
ネッツトヨタ南国さんの取り組みを真似たものです。

週替わりでメンバーのおすすめ商品が登場するので、楽しみにご来院下さい。
['16/1/16] 足育
昨年から学んでいる食育・息育・足育をカムカムクラブでも伝えていこうと、
Hills KitchenKAMUKAMU NEWSを密山さんが中心となって作製しています。

発信する上で、私たちも実践しようと、ユニフォームの靴を変更しました。

選んだのは、NB1400

日本人に多い横幅が広い足でも足幅が曲がらない
セミナーでおすすめの、横幅が広い靴です。

  <姿勢を悪くしない よい靴の選び方>
・靴の中敷きを取り出し(まず中敷きが取り出せることが重要)
 中敷きの上に起立した状態で、中敷から指がはみ出ていないか
足の指が靴の中で動く余裕があるか
・しっかり足を固定できる靴ひもやベルト(2本以上)や、かかとがあるか。

NB大阪の店舗で1人1人両足の足長、足囲、ウィズを測定して頂きました。

また、1人1人の足に合った履き方(ひもの結び方、つめものの中敷き等)や、
長く履くお手入れ法も教えて頂きました。

やはり1日、履いていると違いがよく分かり疲れ方も全く異なります。
足育から姿勢を正し、お口育てに生かしていきます。

ご来院時は、私たちの足元にも注目して下さい。
['16/1/7] 年始の思い
2016年は、1/4より診療を開始しています。

年始にUPされていた、
私のメンター 寄田理事長のコラムは
今後私の大切なものになると感じたので、ここでもシェアさせて頂きます。

 新年、あけましておめでとうございます。

以前も、山崎比紗子さんの著書
ことばの花束」(JCD出版)を、ホットニュース
紹介させて頂いたことが、ありました。

今回は、「手紙」を紹介します。

 「手紙」 ~親愛なる子供たちへ~

年老いた私が、ある日今までの私と
違っていたとしても、どうかそのままの
私のことを、理解して欲しい。

私が服の上に、食べ物をこぼしても
靴ひもを結び忘れても、あなたにいろんな事を
教えたように見守って欲しい。

あなたと、話す時同じ話を何度も何度も
繰り返してもその結末を、どうかさえぎらずに
うなずいて欲しい。

あなたにせがまれて、繰り返し読んだ
絵本の、あたたかな結末はいつも同じでも
私の心を、平和にしてくれた。

悲しい事では、ないんだ。
消え去ってゆくように、見える私の心へと
励ましのまなざしを、向けて欲しい。

楽しいひと時に、私が思わず下着を
濡らしてしまったり、お風呂に入るのを
いやがる時には、思い出して欲しい。


あなたを追い回し、何度も着替えさせたり
様々な理由をつけて、いやがるあなたと
お風呂に入った、懐かしい日のことを。


悲しいことでは、ないんだ。
旅立ちの前の、準備をしている私に
祝福の祈りを、捧げて欲しい。


いずれ歯も弱り、飲み込む事さえ
出来なくなるかも、知れない。

足も衰えて、立ち上がる事すら出来なくなった
な、あなたがか弱い足で、立ち上がろうと私に
助けを求めたように、よろめく私にどうか
あなたの手を、握らせて欲しい。


私の姿を見て、悲しんだり
自分が無力だと、思わないで欲しい。


あなたを抱きしめる力がないのを、知るのは
つらい事だけど、私を理解して支えてくれる
心だけを、持っていて欲しい。

きっとそれだけで、それだけで
私には、勇気がわいてくるのです。


あなたの人生の始まりに、私がしっかりと
付き添ったように、私の人生の終わりに
少しだけ、付き添って欲しい。


あなたが生まれてくれたことで、私が受けた
多くの喜びと、あなたに対する変わらぬ愛を
持って、笑顔で答えたい。

私の、子供たちへ。

愛する、子供たちへ。

ヨリタ歯科クリニックは、今年設立25周年

1991年6月に誕生した時には、ヨチヨチ歩きで
何度も、つまづきました。
その度、痛い思いをしました。

時には、自分で立ち上がれない程でした。
しかし、その都度必ず手をさしのべてくれる人がいました。

そう、今まで多くの人に支えられ、やっとここまで
たどり着くことが、出来たのです。

自分は、恵まれた環境であったと実感しています。
多くの人のご縁や、ご恩支援や励ましを忘れることなく
今年も人に優しい思いやりと感謝の気持ちを持ち続ける
一年でありたいと、願っています。
                             <いつも、感謝 寄田幸司


歯科だけでなく、さまざまな企業の研修も受け入れておられ、
見学者が年間何百人も訪れるヨリタ歯科は、稀有な存在です。

ヨリタ理事長のHPのコラムは毎日ものすごいスピードで更新されています。

このコラムの言葉に刺激をもらったり、救われたり、
HPが開設されて10年以上愛読しています。

今年も
グループ医院の皆様と協働して、目標を叶えていこうと思います。
今年も宜しくお願い致します。

2016年の私の
具体的行動目標20
1.TCを育成し、システム化し、リコール率UPキャンセル率DOWN
2.DHの採用、育成
3.スマホサイトの完成
4.2月のアスリートのセミナーの成功
5.自費グラフを活用し数値目標の達成
6.スタッフ自ら足育を実践し、息育・足育の発信
7.歯育て教室のメニューの変更
8.ジムとホームトレーニング各週一の励行
9.ヒルズキッチンをルーティンに発信
10.歯周外科・MTMの充実
11.Dr2名のさらなる成長のサポート
12.全員でセミナー受講
13.全員で医院見学へ
14.新しいメニューを増やす
15.物販の○○setを定番化させホームケアをサポート
16.ガムブリーチ+ホワイトニングメニューのキャンペーンの成功
17.グループ医院、院外の方々との交流
18.2校のDH学校の実習の充実
19.チームメンバーとの多くのイベントを企画しESのUP
20.文化の継承 メンバーが変わっても

ページの先頭へ
アクセス診療時間 上本町ヒルズ歯科への思い 診療方針 クリニックの5つのこだわり 7つの診療スタイル
ウエルカムクラブ カムカムクラブ スマイルクラブ ハイハイクラブ メッセージ from Dr.ナガイ
Copyright (C) 2007. Uehonmachi Hills DC. All Rights Reserved.
上本町ヒルズ歯科クリニック
大阪府大阪市天王寺区の歯医者、歯科医院、上本町ヒルズ歯科クリニック
<大阪赤十字病院西隣、ウェルライフ上本町2F>
〒543-0027 大阪府大阪市天王寺区筆ヶ崎町5-52-201
TEL 06-6774-4182
一般、小児、矯正、インプラント、審美、衛生士求人には、
大阪赤十字病院の患者様をはじめ、大阪市天王寺区、中央区、生野区、東成区、
阿倍野区、浪速区、東大阪市、奈良市から患者様が来院されています
website produced by eje inc.